読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

カフェドペルシュ@新御徒町

4月某日訪問

ブレンドコーヒー 400円、トースト(セット割引)200円

 f:id:iwassy:20170406174304j:image

平日夕方のおやつ兼仕事タイム。17時閉店で選択肢から外れていたカフェドペルシュが、最近18時半まで営業しはじめたことに気づいて、訪問してみた。病気療養中で営業時間を短くしていたので、きっと太っちょマスターが痩せているだろうと思っていたのに、相変わらずスーパー太っちょさんでしたよ。

f:id:iwassy:20170406174315j:image

注文後に豆を挽いて淹れたコーヒーは、添えられるもの含めて、何も変わっていない。

 f:id:iwassy:20170406174319j:image

四つ切りで発注したトーストも、やっぱり何も変わっていないです。

f:id:iwassy:20170406174338j:image

唯一、もともと別添えのバターがポーションのホイップバターからレトロな堤のバターに変更していたけれど、ほんとに些細系。

もともとすべて安定したお店だけど、長期の短時間営業明けでも以前の安定感のまま。ちなみにマスターは病気ではなくて、整形外科系の手術とそのリハビリのために一時閉店・時短営業していたそうです。やっとリハビリが終わったので、通常営業に戻したらしい。今までほとんど話したことがなかったけど、話すといい感じに人懐っこかった。わたしのことも実は憶えてくれてました。

マーガレット@東池袋

3月某日訪問
コーヒー400円、モーニング(トースト、ゆでたまご)100円

f:id:iwassy:20170324051231j:image サンシャインでの用事を済ませて、ひとりで朝ごはん。サンシャインから近いマーガレット、存在は知っていたけどやっと訪問できた。

f:id:iwassy:20170324051249j:image マーガレットのフォントがエレガントだよね。こういうの好き。

f:id:iwassy:20170324051301j:image

中も昭和エレガントな喫茶店。二階席に案内されたんだけど、一階は半分くらいのスペースで、もうちょっとごちゃごちゃしていたかな。客層はそのへんでお勤めの人や地元の人、場所柄アジア系な人たちも。おっちゃんはナポリタンをお箸でズズッと啜り込んでいたよ。

f:id:iwassy:20170324051321j:image モーニングはドリンクにプラス100円の一択。バター別で発注しました。

f:id:iwassy:20170324051337j:image この手の喫茶店にしては酸味が立っていない、飲みやすいふつうのブレンドコーヒー。ピッチャーのフレッシュが添えられて、途中で下げられていきました。

f:id:iwassy:20170324051355j:image 4枚切り厚の山食パンを、6つ切りで。かなり甘みが強くてもっちりタイプ。よく焼きでお願いしなくても、特に裏面はかなりよく焼けていた。ゆでたまごは固ゆでのふつうのもの。

f:id:iwassy:20170324051412j:image トレイはプラスチックだけど、カップスタンドとゆでたまごスタンドがあるの。こんなトレイが存在するんだね。

f:id:iwassy:20170324051433j:image しかもにんじん柄なのだ。ちょっと味気ないプラスチック製でも、こういう可愛いのならほのぼのしちゃう。

家族経営なのかな?店員さんもわりと親切で、一見のわたしにも笑顔で対応してくれた。駅チカだし、なかなかいいお店。

マーガレット喫茶店 / 東池袋駅東池袋四丁目駅都電雑司ケ谷駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.5

フェブラリーカフェ@田原町

3月某日訪問

アメリカーノ370円、バタートースト300円

f:id:iwassy:20170324173902j:image

平日夕方のおやつ兼仕事。この日は浅草橋から新御徒町の保育園に迎えに行く途中だったので、最近ご無沙汰のフェブラリーカフェにしてみたよ。発注は迷うことなく、バター横添え/よく焼き/四つ切りです。

f:id:iwassy:20170324173836j:image

アメリカーノってエスプレッソのお湯割りなんだっけ?細挽きのコーヒーを詰めて、エスプレッソマシーンで抽出してた。苦味がほどよくておいしいな。

でもミルク要りますか?と言いながら差し出されたのは、やっぱりポーションフレッシュでした。新進気鋭なおしゃれカフェってホントにフレッシュ使用率が高い。同じフレッシュでもピッチャーのほうが興ざめ感は減るんだけど…おしゃれさや衛生面を優先するとポーションなんだろうな。

f:id:iwassy:20170324174010j:image

トーストはペリカンのです。確かにおいしいんだけど、わたしには重たすぎてそんなに思い入れはない。ちゃんとしたバターは、トーストと同じく4等ぶんにして出してくれたよ。若い男性の店員さん、なかなか気が利くね。

f:id:iwassy:20170324174056j:image

でもよく焼きのトーストの裏面は驚きの白さ。「分かり合えない」ってこういうことだね。やっぱり片面でいいってお客さまばかりってことなのかしら。

ブロンクス@神楽坂

4/2訪問

Bセットたまごなし(コーヒー、トースト、サラダ)430円

f:id:iwassy:20170402120729j:image

4月から一部値上げされたけれど、モーニングセットは据え置き。

f:id:iwassy:20170402121033j:image

角食パンと山食パン、それぞれ薄めの端っこ1枚ずつ。厚めの2切れをポケットサンドに、薄めの1切れををシュガリンに、いちばん焼きの甘い1切れを自己責任で持ち帰り、というのが最近の流儀です。

 

きゃんどる@TX浅草

3月某日訪問

コーヒー350円、トースト1枚150円

f:id:iwassy:20170327181506j:image

だれもゲストのいないきゃんどる。いつものおやつを食べ、仕事をちょっとし、「every」を見て、スポーツ紙を眺めて。

そしてパン耳ラバーなママさんと、耳に美味しさが詰まってるよねっていう結論に達しました。でも、トーストの耳は落としてってオーダーするお客さま(女性に多い)、なにも言わずに耳付きで出して耳を残すお客さま(男性に多い)を合わせると過半数なんだって。理解できないって意気投合。ちなみにママさんは1943年生まれなんだそうです。

Fuji cafe@TX浅草

3月某日訪問
コーヒー 450円くらい、トースト 350円くらい(失念、すみません)

f:id:iwassy:20170324051038j:image

年末頃、言問通り合羽橋道具街の交差点そばのファミリーマートの向かい側、住所でいうと千束にひっそりとオープンしていたカフェ。でも新規カフェにまったく食指が動かないわたしは、「オシャレなカフェができたなあ」と思っていただけでした。

あるとき気が向いて思い切って扉を開けたら、出迎えてくれたのはなんと、リニューアルのため一旦閉店したかつての合羽橋珈琲の店長さん。オーナーが変わってあちらは「Kappabashi coffee」となり、合羽橋珈琲時代の店長だった彼が、跡地から徒歩数分のここにカフェをオープンしたんですって。オーナーではなかったのでいろいろあったみたいだけど、一顧客としては好きなお店がこうやって新たなスタートを切っていたことがうれしいね。

f:id:iwassy:20170324051103j:image

以前の合羽橋珈琲を彷彿とさせるリラックスしたオシャレ感で、音楽もスイートな洋楽。ここは以前、大家さんでもある酒屋さんだったんだって。だから間口が広くて入りやすいのか。

f:id:iwassy:20170324051124j:image珪藻土を自分たちで塗ったという内装。これ以上塗るつもりはないそうですよ。

本日のコーヒーがブレンドと同価格なのもかつてと同じで、この日のコーヒーはグアテマラでした。わたしの好みを覚えていてくれて「グアテマラだからこちらにしますよね?」って言ってくれたので、提案に従ってみました。

f:id:iwassy:20170324051200j:image

ストレートのグアテマラの味は昔と変わらないし、フレッシュじゃないちゃんとしたコーヒークリームなのも以前と同じ。あんまり他店で見たことのない真っ黒いコーヒーカップは、お店の雰囲気に合っていると思う。

でも、トーストのお皿はぜんぜんちがうセンスで、ここだけは残念。せめてシンプルな真っ白いお皿ならよかったのにね。でもまあそれはそれとして。

ちょうどトーストがお尻のところで、薄く端っこをカットしようとしていたので、付けておいてとお願いしたら、そのまま極厚で焼いてくれた。食べ応えがあっておいしい!コーヒークリームで漬けパンにもしちゃった。わたしが以前「四つ切り/よく焼き/ひと切れバター」でオーダーしていたのが、キチンと発注しなかったのに再現されていましたよ。

ちなみにこのトーストは「サンワローレン」の角食パン。今の「Kappabashi coffee」はちがうかもしれないけれど、以前の合羽橋珈琲はサンワローレンだったらしい。ペリカンのパンを使っていると言う人もいたけれど、わたしはちがうと常々思っていたんだよね。真相がつかめてスッキリ。

ちなみに以前の合羽橋珈琲と同じく8〜10時半のモーニングは500円なので、トーストが薄かったりするのかな。モーニングタイムから閉店の21時?までいつでもいただける調理したフードメニューも、なかなか手が込んでいておいしそう。オールタイムお酒も提供しているらしい。どの時間帯の何が当たるか試行錯誤中らしいけれど、どういう形であれ、繁盛して続いていくといいなと応援してます。

FUJI CAFEカフェ / 浅草)昼総合点★★★★ 4.0

ケント@稲荷町

3月某日訪問
コーヒー400円、トースト400円

f:id:iwassy:20170324050606j:imageだいぶ先だけどこのそばに引っ越しするので、ふと気になって数年ぶりに訪問してみることにしました。今回はモーニングじゃなくて平日夕方のおやつ兼仕事が目的なので、コーヒーとトーストバター別を、それぞれ単品で発注。

f:id:iwassy:20170324050637j:imageちなみにモーニングだとこんな感じでかなりお得なんだけど、今回はモーニングじゃないので割高なのは織り込み済みです。

f:id:iwassy:20170324050707j:image
f:id:iwassy:20170324050724j:image

店内は、わたしの好きな脱力感で溢れかえっています。奥のテレビでは大相撲やっているんだけど、だーれも見ていない。お客様全員が熱くなるのもいいけれど、ついているのに誰も見ていないっていうのも、別の意味でいいんだよね。

f:id:iwassy:20170324050743j:image小鍋で温めてカップに注ぐ、トポトポという音が響いていた。もちろん味はそれ相応です。f:id:iwassy:20170324050803j:image

6枚切り厚くのトーストが2枚ぶん。近くの清水パンのかな?ほどほどにおいしいけど、まぁこんなもん?って感じ。

トーストはモーニングサービスだと1枚なんだけど、そのぶんゆでたまごが付くので、実質的に2倍。雰囲気は悪くないんだけど、提供されるものがなにも取り柄がないの。引越し後は本当に便利な場所だから、贔屓にしたいというココロがあるので、もう一度、トースト1枚で軽く行ってみてピンとくればいいなあ。