ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

サンエトワールの胚芽ベーグル

胚芽ベーグル(サンエトワール) 150円

連日の胚芽ベーグル。といっても狙っていたわけではなく、米粉パンを買う予定がまだ焼けていなかったためやむなく。サンエトワールも元はヤマザキなのは周知で、ヤマザキ系のベーグルに共通の底のボコボコもちゃんとあるが、さすがに消費期限の書かれていない店頭売りのパンには臭素酸塩を使っていないと思ってこの日はサンエトワールにしたのだった。そしてややもっちりパンとして、このベーグルが美味しかったのも事実。

しかし考えれば考えるほど、食品添加物が購入した商品に含まれているかどうか以前に、危険性の高い添加物を使用している企業理念にそもそもまったく賛同できない。敷島製パン第一パンも、他のメーカーは「危険だし法律的には問題なくても臭素酸塩は使いません」って名言しているにもかかわらず、だ。経済合理性を最優先している食品会社が売上一位だなんて、この国はどうかしている。

...なんて考えていくうちに怒りが再燃してきたので、今後(永遠にかは分からないが当面)は製造がヤマザキと明確なものは食べない、怪しいものを含め極力購入しないことに決めた。前からこのことは知っていたけれど、今回もっと明確に避けようと思った遠因が「エクセルシオールのベーグルに臭素酸塩が使われている」ことだったのは、客観的に見るとヘンだろうな。

ということで、ヴィ・ド・フランスもアルサスローレンもサンエトワールもエクセルシオールも、しばらくは朝ごはんには登場しません!