ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

カフェ・ラパン@御徒町

12月某日 訪問
モーニングセット(コーヒー、バタートースト、サラダ) 550円

アシュタンガヨガのあとに、ちょっと気分を変えてひとりでこちらへ。今回二度目の訪問。何度か行こうと思ったけれど日曜定休で断念したり、なんとなく寄ろうと思って近隣を自転車で通りかかってもなぜか発見出来なかったりで、なんだかんだで1年以上経っていた。

隅々まで非常にきちんと手入れされた古い喫茶店、という風情は変わらない。メニューも変わらず、チーズやタマゴのトーストが同じ価格、クロワッサンにヨーグルトで600円。チーズやタマゴが同価格というのはお得感があると思う。でもトーストにあらかじめあれこれ乗せるのは好まないので、バタートーストをバター別でお願いした。

入り口に焙煎室のある本格的なコーヒー専門店で、マスターが丁寧に淹れたコーヒーはとても美味しい。コーヒークリームも陶器のピッチャーで提供され、食事の終盤で下げられた。でも、置いておいてとお願いしたら快く対応してくれそう。

トーストはイギリスパン系のややざっくりしたもので、でも甘みもそこそこ強い。4枚切り厚でやや強めの焼き具合なこともあり、クラムの小麦の味やふんわり感とクラストの香ばしさ、どちらも楽しめる。かなり質の高いバターと、使いまわすとは思われるが器に入ったたっぷりのいちごジャムが添えられるのも嬉しい。それが故に一部耳を切ってあるのは本当に残念だ。サラダは今回もキャベツのみのもの。とても細く千切りしてあるので、キャベツの甘味が引き立ってとても美味しい。

店内もコーヒーもミールも、とにかく丁寧な仕事が光る。マスターだけでなく他の店員さんたちも丁寧な接客。店主の熱い思いが伝わるとても良質の喫茶店だ。だからこそ、地元のおっちゃんだけでなくきちんとした装いのご婦人方などもいて、全面喫煙可でも浅草の老舗喫茶店ほどには喫煙率が高くない。

ちなみにサイドメニューとして、ゆで卵、ミルク、トマトジュースが50円。子といっしょの時はミルクも頼もう。