ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

ニューバンブー@湯島

12月某日 訪問
コーヒー 150円、トースト 100円


湯島の駅からすぐ、大通り沿いにあるカフェスタンド。椅子席が10卓ほどと、コーヒーチェーン店にありがちなハイチェアのカウンター席が10席以上で、決して小さくない。無駄な飾り付けなどもなくお店自体も広いので、殺風景でガランとした印象。家族経営らしく、年配の男女と若者をちょっと過ぎた男性がカウンター内で立ち働いている。
モーニングメニューは特にない。でも通常メニューですでに、コーヒーや紅茶や烏龍茶などが150円、カフェオレやジュース類でも180円と、カラオケ店のドリンク並。フード類も、各種ロールパン100円、チーズトースト180円、ケーキ250円と、いずれもとんでもなく格安。カウンターでコーヒーとトーストバター別でオーダーしたところ、「うちはバター使ってないよ、高いから。マーガリンを塗ってもらうの」とのこと。そりゃ100円でバターは求めていないので、別添になれば充分だ。
コーヒーはスタンドでそのまま受け取る形式。ちゃんとした大掛かりなコーヒーマシンから抽出されたもの。つまり味はコーヒー豆と焙煎次第なのだけれど、コーヒーチェーンよりは劣っていて、ファミレスのドリンクバーと同じくらい。煮詰めたような雑味もない代わりに、風味も味もあまりない。
一方トーストは焼きあがったら取りに行く形式なのだけれど、まず取り出したのはヤマザキの「ダブルソフト」の袋。あまりにも堂々と見せつけられて少々たじろいでしまった。どんなふうに焼いても、なにかをつけてもつけなくても、ダブルソフトである事実は変わらない。ダブルソフトと認識していただくダブルソフト、こんなに「食べても仕方のない」味なのかと大変勉強になった。
ドリンクもフードもコーヒーチェーン価格の下をくぐり、マクドナルドの域にすら達する驚きのプライシング。マクドナルドほど混雑していないので、雨露をしのげる休憩場所を提供してくれる(PC使用は禁止だけれど)という点で存在価値は高いんだと思う。でも言い換えると、まったく飲食を楽しめる場所ではない。フリースペースとしては良いけれど飲食店と考えると侘びしくなるお店。

ニューバンブー喫茶店 / 湯島駅上野広小路駅上野御徒町駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.0