ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

ブロンクス@神楽坂

12月30日 訪問
Bセット(コーヒー、トースト、サラダ、ゆで卵) 450円

年末最後のアシュタンガヨガ。最後の朝ごはんはも当然ブロンクスしかない。
この日はなんとおっちゃんが居らず、30代とおぼしき女性がカウンターに立っていた。慌ててBセット、バター別/良く焼き/ドレ少なめ、えーとえーと飲み物はホットコーヒーで、と告げてお支払い。
いつもおっちゃんが忘れがちなドレ少なめはキチンと少なめだし、トーストもさすがのわたしにも焼き過ぎなほどに良く焼き(とはいえ許容範囲)だし、バターの容器はいつもよりステキだし、コーヒーもいつもと変わらず美味しいし、わたしのオーダーにいつもよりずっと忠実なモーニング。でもわたしは日によってデキのちがうおっちゃんのモーニングのほうが好き。母親の味噌汁は不味くても世界一って一般的だったりするように、食事ってそういうものだ。
この女性、常連さんの地元年配女性たちと親しげに会話していたので、バータイムで働いている人なのだと思う。わたしがおっちゃんに年末の挨拶ができず残念だっただけで、彼女もとてもかんじのよい接客だったことを付け加えておきたい。