ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

がまぐちや@湯島

4月某日訪問
モーニングセット(コーヒー、トースト、ゆで卵)500円


湯島から本郷方面に上がる坂を登り切ったところにある、目立たなくて渋いファサードの喫茶店。古いけれどとても綺麗に使い込まれた店内は、カウンター席が5席ほど、4人がけのテーブル席が3卓。カウンター席の横にはピンクの公衆電話が置かれ、コルクにマジックでメニューが書かれていたりするのも風情がある。店主と思われる年配女性もとてもいい風情で、あたたかい会話を常連さんたちと交わしている。わたしの訪問時は、ちょうど近隣の会社の経営者夫人が店主からタバコを買って吸いながら、社員のためにオーダーしたピザトーストの出来上がるのを待ちつつ、消費税の話をしていた。
モーニングは一択。バター別でお願いした。
コーヒーは注文が入ってから優雅かつ手際よく淹れたドリップ式で、かなり温度が高めなのに芳醇な香りがただよう。苦味と酸味のバランスもよく、かなり上質のコーヒー。1杯ぶんのフレッシュが添えられていた。
トーストは、これまた注文が入ってからささっとカットされてトースターへ。ふつうのモーニングのものとは一線を画す非常に美味しい4枚切り厚の角食が、クラムはやや甘めでしっとりもっちり、クラストはカリッと焼かれている、パーフェクトなトースト。ちなみに帰り際に店主に「トースト美味しかったです。」と述べたところ、近隣の「北海ベーカリー」から毎朝配達してもらっているらしい。そしてネット情報によると「北海ベーカリー」の食パンは「ペリカン」のものらしい。こちらで使っているのが「ペリカンの食パン」だとすると、2種類ある食パンのうち大型のほう(小型のほうを出す喫茶店が圧倒的に多い)。かなり食べごたえもあって、満足度が高かった。
ゆで卵は固ゆで一歩手前で黄身はしっとり白身はプリプリのほどよい茹で加減。さらに「しお」と書かれた卓上塩にほのぼの!
近くにはサカノウエカフェがあって、内容と価格のバランスもほぼ同じ。どちらを選んでも悪くない、好き好きだと思う。ちょっと小洒落た雰囲気が好きなら「サカノウエカフェ」、何十年も変わらずいい意味で鄙びてほんわかした温かい雰囲気が好きなら「がまぐちや」。わたしは断然「がまぐちや」派だ。だいたい名前がかわいいしなー、由来を聞けばよかった。ちなみにモーニングタイムは9時から11時。

がまぐちや喫茶店 / 湯島駅上野広小路駅上野御徒町駅
昼総合点★★★★ 4.0