ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

ブロンクス@神楽坂とベジランチ@しま食堂

5月某日訪問
Bセット(コーヒー、トースト、サラダ、オレンジジュース)480円


この週末は夫が不在で子連れでの行動が必須条件。たまたまそのタイミングで、いつものヨガのシャラ(練習所)で座学+懇親ランチがあったため、子連れで参加した。
当然その前にはブロンクスで、2度めの子連れ朝ごはん。この日はチヨさん夫妻は不在だったが、おっちゃんが歓待してくれた。いつもどおりバター別/ドレッシングなしに加え、昼ごはんは在宅でないし子はゆで卵がニガテなので、卵もなしにしてもらった。
いつもつかないオレンジジュースを「はい、ゆで卵の代わりだよ」と言って持ってきてくれたけれど、前回はゆで卵+オレンジジュースだったはず(笑)。でもそのせいか、トーストはいつもより少し厚い気がした。それでも食欲旺盛なシラス(いわしの子)は、わたしがポケットサンドにする一切れのクラム部分すべてともう一切れの1/3ほど、つまりトータル半分近い量を、「チョンチョンしてー」とわたしにバターを軽く塗らせて頬張っていた。美味しいものは美味しいよね。おっちゃんは「坊主元気だな!」的に気軽に声をかけてくれ、誰にでも穏やかなニコニコ顔で接することが取り柄のシラスも嬉しそうに応えて、半年前の訪問より相互コミュニケーションをとることができていた。

そして懇親ランチは「しま食堂」さんのベジランチ。むちゃうま。


メニュー
じゃがいもセロリクミンのコロッケ
初夏野菜の春菊ソースあえ
カリフラワーマリネ
かぼちゃとナッツのカレーココナツ
おからパセリのテリーヌ
グレープフルーツとうどのサラダ
おくらときゅうりのしょうがサラダ
バジルとアボカドの春巻
パッタイ風の和え米麺

どれもこれも絶品だったけれど、印象に残ったのは、
「初夏野菜の春菊ソースあえ」、筍とブロッコリーが主体のサラダに、ペースト状の絶品春菊ソースがたっぷりかかっている。
「グレープフルーツとうどのサラダ」、完全に予想外の組み合わせなんだけれど、びっくりするほどよく合う。どちらも爽やかだし。
パッタイ風の和え米麺」、パッタイで使うふつうの米麺より太くてもっちりした麺がとにかく美味しいのだけれど、レッドオニオンとパクチーとナッツくらいのどシンプルな具がなぜかその麺に負けていないのにびっくりした。
これに天然酵母のパンが2種類、生徒さんや先生の差し入れのアルコールやソフトドリンクなんかがあって、トータル2,000円ってオドロキ。今後なにかケータリングが必要な時にはお願いしてみようと思う。