ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

ブロンクス@神楽坂

6月某日訪問
Bセット(コーヒー、トースト、サラダ、ゆで卵)480円


アシュタンガの後。ひさびさにチヨさんご夫婦に遭遇した。といってもテーブル席に座っていた彼らを通りすぎてカウンターに行く途中、先方からご挨拶してくださっただけだけど。
わたしはその奥のひとり席に座って「おやじギャル」(死語)よろしくスポーツ紙を読みながら(ホントはタバコも吸いたいところだ)、でもスポーツ紙で読むべき記事なんてほとんどないので店内に流れる「サンデー・ジャポン」をちら見しながら、のんびりモーニングをいただいていた。するとおっちゃんは手を動かしつつサンジャポで取り上げられていた話題で「ったくこういうヤツは死刑にすりゃいいんだよね!」などと世間話を振ってきたので、適当に話を合わせておいた。でもそうこうしているうちに、店内に一種類しかない一般紙を読んでいた年配男性の先客が帰り、わたしがそれを読み始めてからは、あまりごちゃごちゃ話しかけずに放っておいてくれた。そういう匙加減を誤らないのがただしい接客業ってもんだ。ありがとうおっちゃん。