ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

コーヒー長谷川@新御徒町

7月某日訪問
ブレンド420円、モーニングトースト150円


春日通りから清洲橋通りを少し南下したビルの二階にある喫茶店。かなり明るくスッキリした店内で、テーブル席が10卓ほど。うるさくない程度に東京FMがかかっている。マジメそうな中年のマスターがひとりで切り盛り。
メニューは、通常価格のドリンクに150円でモーニングミールとしてトーストかハーフサイズのサンドイッチがつく。コーヒーは豆を販売しているような本格的なコーヒーショップなので、いろいろな種類のストレートコーヒーが並んでいる。その中から「本日のサービス」的に一種類が100円引きくらいになっていて、この日はブルーマウンテンが820円が520円に。それはそれで試したかったけれど、初回なので通常価格でブレンドにしてみた。マスターに「ウチのはブレンドでも充分美味しいですよ」と自信を持って助言されたことにも後押しされたのだが。
トーストは1切れのみバターを塗りあとは別添えに。運ばれてきたトーストがやや甘い焼き加減だったので、さらに焼き直してとお願いしたら快く応じてもらえた。
コーヒーはドリップでキチンと淹れられていて、さすがの味。豆も焙煎も、丁寧なドリップも、すべてがうまく調和しているのだろうなあ。最近飲んた中では飛び抜けておいしかった。1杯ぶんのコーヒークリームとともに。
トーストは4枚切り以上にどーんと分厚い、やや山型の白いふんわりした食パン。4等分された1枚に塗られたバターはシミシミで、それが(結果的な)二度焼きでカリッと変化して、絶妙な食感になっていた。バターはちゃんとしたもので、シュガバタにもピッタリ。コーヒークリームに浸しても美味。
価格的にやや割高だが、それに匹敵する価値あるコーヒーとトースト。古い喫茶店だろうにお店の雰囲気が場末っぽくないのは、マスターの人柄なのだと思う。帰り際「コーヒー美味しかったでしょう?良く焼いたパンがお好きなんですね、(ワガママ言っちゃってスミマセンのわたしの台詞に対して)お好みの焼き加減がいいと思うので希望はおっしゃってください、またいらしてくださいね」と。なんて優しい接客なのだろう。ええそりゃまた必ず!と思いましたよ。

コーヒー長谷川コーヒー専門店 / 新御徒町駅仲御徒町駅稲荷町駅
昼総合点★★★★☆ 4.0