ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

サンパウロ@TX浅草

7月某日訪問
トーストセット(コーヒー、トースト、サラダ、目玉焼き)590円


実は以前訪問済みだった、1961年オープンの老舗喫茶店。数ヶ月前に新装開店したばかりで綺麗になったため、子連れで再訪してみた。
リニューアルしたサンパウロの構造は以前と同じで、入口に調理を行うカウンターがあり、奥の客席がある。客席はダークな色合いの低めのダイニングテーブルに、ビロードで深緑色の椅子が全部で20席強くらい。当然ながら店内はスッキリ片付いていて、クラシック音楽が小さくかかっている。場末感は以前からそれほど強くなかったが、新装したことでほとんど皆無になった。
モーニングの価格は40円アップで、もうひとつ、サンドイッチのモーニングも同価格となっている。今回もバター別でオーダーした。結果的に、モーニングの内容はまったく変わらず。
コーヒーはやや煮詰まった感があるが作り置きなのかは不明。風味は飛んでいなかったので、ソコソコおいしかった。コーヒーフレッシュの提供スタイルも変更なし。
トーストが白い角食の6枚切り厚なこと、マーガリンが添えられたこと、目玉焼きが卵2個で焼き加減が絶妙なこと、普通量のレタス主体のサラダにサウザンアイランドドレッシングなこと、トマトが乗っているところまで、まったく変わりない。つまり全体的にとくによくも悪くもないモーニングってことだ。古い喫茶店好きとしては、以前のほうがなんとなくしっくり馴染んでいてよかった気がしてならない。人それぞれだろうけど。
ちなみにモーニングの時間は、8時の時点ではすでにオープンしているので7時か7時半から、12時までと長いので、使いやすいね。