ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

サロン・ド・カフェ いしい@御茶ノ水

10月某日訪問
モーニングセット(コーヒー、トースト、ポテトサラダ)600円


JR御茶ノ水駅の正面、地下鉄御茶ノ水駅直結のビル内にある喫茶店。古くからあるカフェというよりは、ややカフェバーっぽいモダンなつくりで、店内もモノトーンで統一感がある。でも入口にはスポーツ紙や一般紙が置かれていて、会社員相手なのかなというかんじ。事実客層もスーツ姿の仕事中の人から年配女性まで幅広い。中年の婦人が二人で接客と調理をそれぞれ担当。
営業自体は土日もやっているが、モーニングは平日のみ8時から10時までと、ちょっと狭き門。メニューは一択で、バター別/良く焼きで発注。コーヒーがやや先に、遅れてフード類が一斉に提供され、タイミングが大変良かった。
コーヒーは注文が入ってからきちんと淹れたと想われる。温度・酸味と苦味のバランス・風味と、どれをとってもいい塩梅。どろっとした質の良いコーヒークリームがピッチャーで添えられてきた。
トーストはやや小ぶりの角食、4枚切り厚程度のもの。キメが詰まっていてヒキが強く、こだわって選ばれたパンなのだろうと想像がつく。添えられたのは銀紙に包まれた昔ながらのバターと、ポーションのものより明らかに素材感のあるオレンジマーマレード。どちらもこのトーストによく合って美味しくいただけた。さらに先ほどのコーヒークリームも、トーストを浸すとこれまた絶品。


サラダは荒くマッシュされたポテトサラダとレタス数枚、さらにハムが二切れほど。マヨネーズ感のあまりない、ジャガイモの味をそのまま活かしたサラダで、ポテサラポケットサンドにすると絶妙。ハムは食べていないので分からないが、スモークの風味は強かった。


4月以降、わたしの中では600円までは「高くないモーニング」の範疇かなと思っている。そのギリギリの価格の中で、どこにもまったく手抜きのない内容。脇を固めるバターやコーヒークリーム、ジャムなんかも質の良いものだし、盛り付けもとても綺麗。喫茶店モーニングのウダウダ感・馴れ合い感はないが、さっぱりと気持ちのよい接客だし、非の打ちどころがなかった。すばらしい。★5じゃないのはちょっとだけ値がはることと、純粋に「サラダはポテトサラダよりグリーンサラダ系を食べたい」というわたしの好みの問題。

いしい喫茶店 / 御茶ノ水駅新御茶ノ水駅小川町駅
昼総合点★★★★☆ 4.0