ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

ローレル@新宿三丁目

2月某日訪問
Aセット(コーヒー、トースト、サラダ、フランクフルト抜き)650円


新宿で珍しくピラティスのレッスンを受けて、帰りにこちらで朝ごはん。ダイニングセットが15卓ほど並ぶ店内は、地下にも席があるみたい。そこそこ大箱。愛想の良い年配マダムに中国系の若いバイトが2名、スラックスにネクタイを締めた明るい声のオーナーっぽい年配男性もいて、人員的にも体制が整っている。
モーニングセットは3種類。Bセットはトーストと卵のみ550円、Cセットはフレンチトースト。マダムに最初はBセットを卵をサラダに変更できると言われたが、ちょうど厨房にいた男性バイトがから「セットは変えらんないよ!断って!」とつっけんどんな指示が…残念。敢えてフランクフルト抜きでAセットを、バター別/よく焼き/ドレッシングなしで発注。
コーヒーは酸味と苦味はバランスしているが、淹れたてではなさそう。ピッチャーのコーヒーフレッシュが添えられていた。


トーストは山型の4枚切り厚。クラストさっくりクラムもっちりで、塩気がわりに強め。廉価品より明らかにおいしい業務用食パンって感じ。添えられたバターが少量なのも、わたし的には喜ばしい。


サラダはキャベツ千切りとコーンのみ、量的にはふつう。カットはやや荒っぽいけれど、厨房でカットしたばかりって感じだし、たまたまかもしれないがキャベツそのものが甘くいいキャベツでおいしかった。


モーニング自体に不満はなく、むしろパンとサラダは気に入った。サラダは食べたいし、食べないお肉を付けておいてもらうのは忍びない、というわたしの都合上このセットで肉抜きは割高でも最善だと思う。
ただ、卵→サラダを最初から断ってくれれば、せめて男性の声が聞こえなければ、心穏やかに注文できたのに。さらにわたしが席を立つ前にはコーヒーカップを下げてくださった。飲み終わってはいたけれど、お皿を残してカップだけを下げるって、ふつうは帰れという意思表示だよね。ありがとうございました、という男性の爽やかな挨拶が空しかった。

ローレル喫茶店 / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.5