ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

寿花@田原町

2月某日訪問
Bセット(コーヒー、トースト、卵、サラダ)500円

シラス(3歳男児)と馴染みの寿花へ。11時ちょっと過ぎの滑り込みアウトだったけれど、いいって。久々だったけれど、生後半年から毎週通っていただけあり、今もおばちゃんも長男さんもシラスに気軽に声をかけてくれる。ちなみに次男さんには会ったことないけれど台東区の保育士さんなので、そのうちお世話になるかも。

遅い時間帯はゆで卵のないことがよくあるが、この日も案の定。目玉焼き、スクランブルエッグなどの選択肢のうち、初めて提示されたたまごサンドのフィリングとなる「つぶし卵」を少々シラスのおやつにいただくことにした。ちなみにBセット以外のメニューも初公開。おにぎりがあるのだよ。


コーヒーは相変わらず大したことない、やや煮詰まった作りおき。


トーストはまだどこから調達しているのか聞けていないけれど、聞いたらがっかりするのかな...でも、クラムの密度も味も濃厚で、クラストが味わい深くさくさくで、廉価品より明らかに美味しい。そして、美しく大量のキャベツサラダと、ざっくりつぶした卵フィリング。シラスがぺろっと卵を食べていたので、次回もそうしようかな。

ジョイと同様、時に傍若無人な3歳男児連れでもそれほど気兼ねなく行かれる気楽なお店。そして、帰り道にはいつも元気が出ている自分に気づく。いつもそう。なにがそうさせているのかな。