ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

Cafe Rijn@水道橋

3月某日訪問
トーストセット(コーヒー、トースト、サラダ、ゆで卵)390円


午前休で事務手続きなどをやっつけて、出社前に近所のCafe Rignでモーニング。10時半過ぎの店内にはジャジーな曲がかかり、この界隈の学校関係者と思われる男性が数名、思い思いにコーヒーを飲んだり雑談をしたり。モーニングはトーストセット以外に、同価格でサンドセットがいくつか。いつものようにバター別/よく焼きで発注。ちなみにここのサラダはキャベツときゅうりのコールスロー的なものなので、ドレッシングはそもそもないのだ。
久しぶりに来てみて、あらためて感動。どうしてこの内容がこの価格なのだろう。要求水準よりはるかに上を行く要素がてんこ盛りのモーニング。
・苦味優勢の濃厚なコーヒー
・動物性のコーヒークリーム
・甘みのあるちょっとこだわった、適度な厚切り角食
・質の良いバター
・ちょっと他所では味わえない、絶品サラダ
・ほのかに温かい、白身ぷりぷり固ゆで玉子
・マスター夫婦とそのお母様の愛想の良さと機転が利く感じ
・感じ良く統一感もある適切なカトラリー
敢えて要求水準~少し残念な要素といえば、
・ふつうのポーションいちごジャム
・コーヒーの量が少なめ
・テーブル席の椅子が座りにくい
なことくらい。んでも、そんなのどうでもいい。


思い入れ等を抜きにすると、わたしの知る限り東京一素晴らしいモーニングかもしれない。あらかじめ満足感が約束されているって、すばらしい。