ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

モスバーガー@国際展示場正門

5月某日訪問
Fセット(コーヒー、トースト、サラダ、卵焼き、ウインナー)460円
トースト単品170円


TFTの大塚家具に行く前、家族で訪問。本当はプロントに行くつもりだったが、休祝日はモーニングメニューがなく、やむなく家族の希望でモスバーガーに落ち着いた。
この日もオーソドックスなセットを良く焼き/ドレッシングなし、追加でシラス(3歳男児)用の単品トーストを発注し、卵料理とウインナーはシラス担当。ちなみに家族も同じセットをアイスコーヒーでオーダーしていた。
先に供されたコーヒーは、質的には最低限ラインだが量的にはたっぷりなので文句は言えないって感じ。それ以外は、シラスも待ちきれなくなってこちらも充分苛つかされた10分以上後になってやっと提供された。
よく焼きのトーストは、表面は奥の家族のより焼き色が濃いが、裏面は同じくらいの白っぽかった。本当は焼き直してほしいところだけれど、オペレーションのマズい状況でさらに苛つく原因を作りたくなくて、黙って食べた。家族的には薄切り小ぶりサイズがかなり物足りなかったらしい。
卵料理とウインナーはスムースにシラスの腹に収まったので味は不明。そしてサラダはオーダー時に年配の女性店員が丁寧にメモを取っていたにも関わらず、サウザンアイランドドレッシングがたんまりかかっていてクラっとした。さすがに食べる気がしなくてクレームさせていただきました。
一部の内容は当たり前にモスバーガーのフィリング使い回しなのは仕方ないと思う。でも提供スタイルと内容だけはファストフードそのものなのに、ぜんぜんファストじゃないのが致命的だし、「ふつうのファストフードよりワンランク上」の標榜も虚しいオーダー違いも残念。いいところがまったく見つからなかった。ここ数年、モーニングに限らずモスバーガーであまりいい体験ができていないので、全般的になにか質の低下する要因があるのかも。近々ビックサイトに仕事で連日行かなきゃならないし、大塚家具にももう一度行くことになりそうだけれど、その時はサブウェイかプロントにする。絶対に。