ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

珈琲屋@浅草

7月某日訪問
モーニングセット(ブレンド、厚切りトースト、サラダ)700円

数年ぶりにひとりで珈琲屋へ。メニューはほぼ変わらないがやや値上がりして、添え物を4種類から2つ選ぶしくみに変更されていた。ちなツナはマヨネーズ和えとのこと。

バター別/よく焼き/ドレッシングなし/ハム抜きで発注したが、バターがあらかじめ挟まっているので別にできないという意味不明な説明を受けたので、できるだけ取り除いてくださいとお願いしてみた。
淹れたてじゃない、作り置きテイストの酸っぱめブレンド。

トーストは以前のイギリスパンっぽいものから、無駄に分厚いだけのふわふわ3枚切りくらいに変更。そして間にバターの存在はなかった…。ちゃんとしたバターと質の良いイチゴジャムは以前と変わらず、追加されたメープルも美味しい。

裏面の焼き方が甘かったので焼き直してもらったが、やっぱり表面しか焼かれていなかった。

サラダとひとつ分に満たないゆで卵も、以前の丁寧さや品の良さに欠けていて、なんだかファミレスの付け合わせサラダみたい。


価格的には、値上がりしているけれど実質据え置きに近い。でも内容が安っぽくなっちゃったなという印象だ。原価を下げた気もするけれど、それより「こんなもんで700円ならいいでしょ」的に感じられた。一見さん相手の商売って割り切ったのかもしれない。ただ、珍しいメープルシロップが美味しくてうれしかったのと、これだけ厚切りだとクラストだけでも食べ応えがあるのでそこそこ満足できたのも事実。