ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

ラフレッサ@新日本橋

8月某日訪問
Aセット(コーヒー、バタートースト、サラダ、ポテトサラダ、ハムエッグ→ゆで卵、フルーツ)500円

新日本橋駅から一本路地を入ったところに「ラフレッサ」と読めなくもない喫茶店がある。外の立て看板があるからかろうじて営業中とわかるけれど、ほんとに朽ちてしまいそうな外観は一瞬入店を躊躇わせるくらい。



でも中に入ると、オーナーと思われる中年女性とバイトの若い女性ふたりがちゃんと営業中。年季の入ったソファセットが10卓弱並んでいて、やや雑然としてはいるがそれもなんだか落ち着く感じ。客層は全員サラリーマン男性というのは、場所柄だなあ。

モーニングメニューは外看板にあるのみで、バタートーストorジャムトーストにハムエッグとサラダ、ツナサンドorチーズトーストにゆで卵とサラダの4択。
バタートーストのセットを、バター別/よく焼き/ドレッシングなし、さらにハムエッグをゆで卵に変更して発注した。非常に気持ちよくわがままなオーダーに応じてくれて「このくらいの焼き加減でいいかしら?」とも。
注文後に丁寧に淹れたドリップコーヒー。ドリップコーヒーって薄く感じるけど、上手に淹れたものって独特の後味が残って、それはそれでおいしいものだなあ。

トーストはたぶん、こだわって選ばれたのだと思う。小麦の風味が豊かな良質な4枚切り厚の角食を、好みの香ばしい焼き具合で食べられるシアワセな瞬間。添えられていたのはマーガリンだったけれど、それも些細なことだ。

サラダは新鮮なレタスが5枚ほど、それに完熟の甘いミニトマト3個と、やや厚切りのキュウリ。そこにハムが少量入った、じゃがいもの素材を活かしたポテトサラダがこんもり乗っている。女主人が作ったとしか思えないポテトサラダ、トーストに最高に合う。卵はふつうのかたゆで卵。

そしてそこになんと!メロンがドーンと一切れ。一気にプレートが華やいで、朝ごはんにこんな嬉しいことってない。

非の打ち所のない、パーフェクトなセット。これで500円とは無敵だ。やる気があるのか心配だったけれど、ものすごくちゃんとした料理と接客で、帰り際には「またお近くにきたらいらしてね」って送り出してくれて、このボロい(しつこい)外観にも愛着が湧きそう。なぜこの状態のままにしているのか訝しくなるけれど、その分料理を充実させているということならもちろん大歓迎。とにかく、ごちそうさまでした。

ラフレッサコーヒー専門店 / 新日本橋駅神田駅三越前駅
昼総合点★★★★ 4.5