ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

桂@上尾

10月某日訪問
モーニング(コーヒー、トースト、サラダ)650円

以前知人のお見舞いに上尾を訪れこちらのモーニングが印象的だったんだが、この度再訪の機会を得た。
15時までモーニングタイムと知っていたため平日昼時だったので、見事に(有閑そうな)女性客ばかり。それにしても、15時まで飲み物にフード類がつくって画期的すぎ。飲み物だけで利用する気になれないプライシングだ。

しかもストレートコーヒーをブレンドコーヒーと同価格でいただける貴重な機会でもある。わたし好みのコロンビアスプレモ、あとはトーストよく焼き/ドレッシングなしで発注。

注文後に挽き始めるコダワリのコーヒーは、ウェッジウッドのコーヒーカップで提供。やっぱり温度が高め、でも風味はまったく飛んでいなくて美味しい。コロンビアって酸味と苦味のバランスがよく、でもスッキリしていると思う。大きなピッチャーにはたっぷりコーヒークリーム。

トーストは4枚切り厚の角食、両面焼きで供された(通常は片面焼き)。廉価品よりワンランク上で、クラムもっちりクラストかりかりの期待通りなトースト。ブルーベリージャムはポーションのものより明らかに美味しい。ただ、他の食器はわりと高級感があるのに、なぜかここだけ安っぽい水玉模様のプラ皿なのがどうにも解せない。
普通サイズのサラダには、ゆで卵が大胆に乗っている。

で、このゆで卵を退かしてみるとだねぇ…

まさかのもやしサラダ!わたしはもやし大好き&塩でいただくのでまったく問題ないが、他のお客さまのを見るとサウザンアイランド系のドレッシングがかかっていて、それって相性的にどうなのでしょう?

無糖のコーヒーゼリーはさすがの美味しさ。今回も少しガムシロップを加えてコーヒーゼリートーストにしてみたり、パン耳を浸してみたり、様々に楽しんだ。
トーストのプレートやもやしサラダ以外にも、店内はウッディで高級感があり女性客ばかり居るくらいなのに新聞はスポーツ紙だけだったり、ジャズが流れる雰囲気の良さなのにカウンターにむやみに生活感が溢れていたり、トイレには生花が飾られているが大輪のテッポウユリでむせ返るような香りだったりと、チグハグで実に惜しい。でもお高くとまっていない雰囲気なので、それらがここの「味」だと思う。