ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

レストラン タカセ@下板橋

10月某日訪問
厚切りトーストセット(コーヒー、トースト、サラダ、ゆで卵)520円

池袋にある老舗のベーカリー&スイーツ「タカセ」の工場は実は下板橋にあって、わたしが子どもの頃から慣れ親しんできたのはこっちだったりする。ただこれまでほとんどがパン購入目的で、しかも訪問自体が5年ぶりくらい。
工場に併設されたレストランはたしかわりと大きな箱なのだが、この時間帯は喫茶コーナーのみの営業。パン販売スペース横に20席程度とこぢんまりなので、休日10時過ぎは地元の家族と思しきグループ客でほとんど満席だった。

まず運ばれたお手拭きやナプキンのタカセ印がノスタルジック!

モーニングのメニューは池袋の数店舗のどことも異なり、いちばんオーソドックスだと思う。トーストのバターはそもそも別、さらによく焼きだしドレッシングもかけてない(マヨネーズ別添)とのことで、大変めずらしいことにまったくのデフォで発注した。

コーヒーと紅茶はおかわり自由。最初はカップに入って提供されるが、お代わりの時はコーヒーサーバーでサーブしてくれる。薄く風味が乏しくて、ビジネスホテルの朝食のコーヒーって感じ。

フード類はワンプレートに綺麗に盛られて登場。トーストは上下の耳がカットされた4枚切り厚で、確かにそこそこ焼けているが、本当はもうちょい焼いてほしい。パン自体はタカセ定番の非常に甘みの強いふわふわ白食パン。見た目ほどの食べ応えはないので、子どもと半分こだとかなり物足りない(わたしの都合だけど)。添えられたのはポーションのバターといちごジャム。
サラダはレタスとキュウリとトマトが大きめにカットされている。ちょうどトースト1切れをポケットサンドにする分量で、フレッシュな生野菜。横にはマヨネーズがたっぷりで、銀色のカップがまたノスタルジックだな。ゆで卵はふつうの硬ゆで。
悪くはないけどとりわけ良くもない、まぁふつうのモーニングかなと思う。やっぱりタカセのモーニングはやや薄手の甘いトーストをお代わり自由であってほしい。

レストラン タカセ 板橋店洋食 / 下板橋駅板橋駅新板橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0