ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

トップテーブル@押上

10月某日訪問
サラダセット(コーヒー、トースト、サラダ、ゆで卵)500円

久しぶりに家族でトップテーブルの朝ごはん。



今年に入ってからかな?コーヒースタンドのような前金制から、通常のレストランの後会計にシステムが変更されていたが、今回さらにメニューもマイナーチェンジされていた。わたしは当然サラダセットを良く焼き/ドレッシングなしで、家族1はソーセージセットをデフォで発注。

ソーセージセットにはスパイシーとふつうの2種類のソーセージが加わる。

先に運ばれたコーヒーは、風味全般が乏しく薄くて、コーヒーサーバーに作り置いて注がれたのでしょう。でもグビグビ飲める(決して皮肉ではない)ので、もうちょい量があれば、これでも悪くはない。

とても綺麗に盛りつけられたフードのプレート。トーストはロイヤルブレッドかなぁ、しっかり焼かれたクラストはカリカリで中はもっちり、別添のバターもちゃんとしている。今までと同じくシソ入り千切り野菜中心の珍しいサラダは相変わらずたっぷりで、ポケットサンドには最適。卵はふつうの硬ゆで。

すみだ水族館に寄る前の朝ごはんの選択肢はこことPRONTOの2択だが、PRONTOのダブルソフトとポーションのマーガリン、シナシナ野菜で約400円とは雲泥の差でちょっと笑っちゃうくらい。かなりパワーアップしていて嬉しい。唯一の欠点は家族2の午前のオヤツにしやすいビスケットなどがないことで、わたしのトースト約1/3と卵、辛くないほうのソーセージを食べた。
ふと、トースト、サラダ、コーヒーの力の入れ方の配分とか、盛り付けとか、浅草のグランドカリスのモーニングと似ているなあと感じた。