読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

喫茶サンローゼ@北千住

11月某日訪問
ブレンドコーヒー450円、モーニング(トースト、サラダ、ソーセージ、ゆで卵)180円

子どもと久しぶりに北千住では買い物。北千住のモーニングは開拓が進んでいなくて結局駅チカ&大箱のサンローゼにしてみた。
モーニングは一択だけどトースト以外は全て選択肢が用意されている。トーストのお供がバター、イチゴジャム、ブルーベリージャム、オリーブオイルからひとつ、肉料理がソーセージとベーコンからひとつ、卵料理がゆで卵、目玉焼き、スクランブルエッグからひとつ。家族2の要望も踏まえ、バター、ソーセージ、ゆで卵を選択して、バター別/良く焼き/ドレッシングなしで発注。

先に出てきたコーヒー、作り置きで尖った酸味のある味。昭和らしい喫茶店だから、まあこれでもいいかな。

トーストは小さめ。パン自体はわりと美味だけど家族2と半分こするには心許ない大きさだ。結局1切れ分以上を家族2が食べてしまった。夜このゆで卵が2個なことに一瞬たじろいたが、スクランブルエッグでも目玉焼きでも2個使用するから、ゆで卵でも2個出すんだって以前聞いたことを思い出した。これらにソーセージが1本別皿で添えられていた。家族2の様子を見ると、皮がかなり固いタイプだった模様。

わたしのオーダーが通ってなくてドレッシングのかかったサラダは、量も質も貧弱。イタリアンパセリが入ってたのは嬉しかったけど。コーンとトマトは家族の腹に。
大箱分煙ゆったりスペースとぶれない親切な接客にこそ価値があり、コーヒーやトーストのサイズやサラダそれぞれが大したレベルになくても仕方ない。良しとしておこう。ただ何となく、何故かそんなに魅力を感じないのよね…要素は悪くないんだけど。