ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

ラ・グランド・カリス@TX浅草

1月某日訪問
モーニング400円(コーヒー、トースト、サラダ多め、ゆでたまご抜き)

会社にちょっとした用事のため、せっかくなので電車に乗れるだけでハッピーな子ども(4歳男児)を連れて行った。その帰りに「高いイスのあるところがいい」の要望でグランド・カリスで朝ごはん。
たまごは親子共々食べないので、バター別/よく焼き/ゆでたまご抜き/ドレッシングなし/サラダ多め/ドリンク少なめ/フードと一緒に、というカスタムオーダーをさせていただいた。ややこしくてごめんなさい。
コーヒーはデフォルトのマグではなくIllyのコーヒーカップで提供。でもコーヒーサーバーから注がれたもので、それ相応に薄めだった。でも回転が良いので煮詰まることなく飲みやすいブレンドとも言える。
ヤマザキのロイヤルブレッドが厚切りされたトーストもいつも通り。この日のサラダはレタスと人参の千切りだけで構成されていて、とにかく人参がいい感じにアクセントになっていた。

もちろん沼サンド化してみました。塩コショウのミルを出してくれたのでそれもふりかけて。量をたっぷり使えて、挟み応えもあって楽しいよ。
結局子どもが1切れ以上のトーストを食べめしまった。トーストは焼き方か命。違う時間帯はワインバル的なお店になるので、たぶんいいオープン設備があるんだろうなと想像している。
この日、支払時に激しく詰め寄る年配男性がいた。このくそジジイ、いや、男性は「年寄りにこんな温度はない、火傷させる気か!」といちゃもん、いや、クレームをつけていた。でも完食していたし、そもそも相手によって温度を変えるほどのお店じゃないわ。アホらしい。若い女性店員さんはジジイが帰ったあと泣き出してしまったが、その後去っていくお客さんが全員彼女を励ましていた(もちろんわたしたちも)。そのたびにまた泣いていた彼女。やっぱり下町は温かい。