読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

マウンテン@錦糸町

3月某日訪問
Bセット(コーヒー、トースト、サラダ、ウインナー)490円

錦糸町アルカキットで買い物の後、道を渡った反対側にあるマウンテンを3年ぶりくらいに訪問した。前回イマイチ居心地悪かったけれど、今回はどう感じるかな、と。高齢のマスター夫婦とバイトの若い女性で切り盛り。
モーニングはゆで玉子のAセットとこちらの2種類。バター別/よく焼き/ドレッシングなしで発注。この日のサラダはかぼちゃサラダらしかったが、ドレッシングなしのオーダーで生野菜を提案いただけたので。

飲む前から酸味の感じられる消化促進系ブレンド。雑然とした古めかしい店内雰囲気には合ってるけど。

もっちりした喫茶店トースト。わたしが喫茶店モーニングに期待しているのは、このトーストなのだ。最近の珈琲館やドトールがこのレベルのトーストを出すチェーン店なので、この表現で伝わるかな。

バター別って言われても困るから、これで好きなだけ塗ってよ!と言われてパスされたマーガリンの容器。これ使ってるのね…まあいいけど。

丸ごとのキャベツを、わざわざスライサーでカットして出されたサラダ。キャベツのみで量はそんなに多くない。そこにソテーされた油っぽいウインナーソーセージが1本。子どもが喜んて食べていたけど、所謂「シャウエッセン」より低価格帯のウインナーかと思う。
子どもに「何歳?」とか聞いてくれるし決して悪い感じはないんだけど、お願いすることの随所でムッとしていることが伝わってくるマダム。気を取り直してにこやかにして、またちょっとしたことでムッ。その繰り返しでご苦労様な感じが伝わって来て疲れちゃった。たぶん空気のようにモーニング食べられるなら、接客も内容も悪くないお店。浅草のローヤル喫茶店に似たタイプ。でもあちらは規模も大きいから紛れられるけど、ここは小規模なのでそれも難しく、再訪は暫くはいいやって感じた。