読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

カフェラパン@御徒町

5月某日訪問

モーニングバタートースト(コーヒー、トースト、サラダ)600円
フルーツヨーグルト100円、ミルク50円
{3644B61D-6C97-40A1-B22B-A5E6AF62C9BF}
子どもを自転車に乗せ、御徒町まで買物へ。週末は土曜のみモーニング提供のカフェ・ラパンを久しぶりに訪れてみた。トーストとサラダのセットに、ダメ元で他のセットに付いているヨーグルトを追加できるか聞いたら、100円でオーダー可能だと。もちろん追加し、セットはいつも通りバター別/ドレッシングなしで発注した。さらに耳付きも。ここのパンはイギリスパンなので、よく焼きはしない。
{39CAC868-CF93-4717-90E5-14D34E8F6655}
先に出されたコーヒーは、ちゃんと淹れていたなりに美味しい。コーヒークリームがフレッシュじゃないのもいい。
{73A960ED-C45E-404B-A6DE-38AAD4CC2596}
ざっくりざらついて口の中で散らかる、質の良いイギリスパンのトースト。喫茶店のトーストはもちもち角食ばかりで、この手のパンを出すのは貴重だ。なぜこのチョイスなのにデフォが耳を落とすのか、チグハグに感じる。そしてサラダはほとんどがキャベツで、そこに少しのレタスが乗っている。彩り的になにも変化のないトッピング。
{6B3E6C48-0786-403F-81EA-E89388F6F92A}
無糖ヨーグルトには缶詰のフルーツが数種、さらにバナナも乗っていて具沢山で、量もたっぷり。とても美味しかったみたい。缶詰のチェリーって喫茶店のデザートらしくて、絶対食べないけど大好き。
横にちょっと写っているのが絶品のいちごジャムで、子どもはこのジャムでトーストをほとんど一切れ食べてしまった。
{76277941-405E-49F6-8486-AA5C941064D0}
牛乳飲みたいとのことで、メニューにもあるオプションを追加。ミニグラスで50円だったが、たしかに本当に小さいグラス、でもなみなみと注がれていた。
どれを取っても水準以上で、価格的にも高すぎず、価値が高いなあと感心する。ただ「ローヤル喫茶店」と同じくこちらのお店も、オーナー夫妻はやや無愛想な一方バイトの人たちは物腰柔らか。わたしたちのような客より常連さんを大切にしているのかも。役割分担ということか(苦笑)