ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

きゃんどる@TX浅草

6月某日訪問
コーヒー 350円、トースト1枚170円
{117A00CE-A2A2-43C0-AF1C-2AA364F982E3}
平日にひとりできゃんどるを再訪した。1年以上前に一度だけ訪問したときに、あまり期待せずにいただいたトーストが意外にも美味しかったことが印象的で、機会をうかがっていたのだ。平日の夕方ひとりで訪問。

店内はこんな感じだけど、実際の印象はもっと古びた印象。例えばソファが使い込まれすぎていてデコボコだったりする。絵やグリーンも、キチンと考えて選ばれているというより、アリモノを適当に配置したって感じ。なので全体的には雑然としているんだけど、ふるーいランプがかかっていたり、今はめったに見ない小さいショーウィンドーがあったりと、不思議な居心地のよさがある。

4人掛けのテーブル席が4卓だったかな、狭いお店で、川口順子に似た年配の女性がひとりでぼんやりと全てを取り仕切る。ゲストは水商売の女性ひとりで、化粧をしながら仲間うちに電話をしていた。身内なのかと思うほどのリラックス度合い、そしてしっくり馴染んだ佇まい。


卓上メニューはなくて、模造紙に手描きのメニュー表のみっていうのもすごい。味も素っ気もない「メニューリスト」で、商売っ気一切なしだ。トーストは2枚セットだが1枚でもいいですということなので、1枚をバター別/よく焼きで発注。

コーヒーはトーストと一緒に運ばれてきた。酸味も際立っていないし、意外とバランスの良いコーヒー。シュガーポットが可愛いね。

トーストは3等分。程よく焦げたクラストはカリッとしていて、クラムはもっちり。パン自体、ふつうのお店で食べるものより甘めだと思った。でも小麦の味はしっかりする美味しいトースト。

別皿で出してくれたマーガリンに添えられていたのは、ハーゲンダッツのプラスプーン!マダムが召し上がったのかな...かわゆい★