読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

フラミンゴ@池袋

8月某日訪問

かぼちゃサラダセット(フレンドコーヒー、トースト、かぼちゃサラダ)750円

池袋ホープセンターのさらに下、地下二階にひっそりと存在する喫茶店、その名もフラミンゴ。何十年も前から知っていたけれど行く機会はなくて、いずれ行きたいと思っていた。満を持して、休日の昼前にひとりで初訪問。

店内は100席はゆうに超える広さで、ガラス張りの中が喫煙エリアでそのほかが禁煙エリアという、古い喫茶店とは思えない環境。大きなマガジンラックに新聞と雑誌が綺麗に並び、黒服の男女が5名ほどフロア担当できびきびと働いている。なかなか快適。

モーニングメニューを撮り忘れたんだけど、開店の10時から12時までのモーニングタイムは、トーストとゆでたまごで600円から。

でも開店からランチタイムも同時進行していて、ランチメニューは15時まで。トーストセットでバタートーストを選択した場合は、厚切りのトーストが2枚らしい。それにミニサラダという構成。

ランチ特典が適用されるところは他にもたくさんあって、

通常のサラダ+トーストも、

150円プラスでドリンクが付く。

こういった洋食類も単品がそもそもお安くて、ランチはさらにお得。コーヒー1杯の値段(500円)との差がすごいことになっているな。

モーニング、ランチのトーストセット、ランチのサラダセットと、わたしの嗜好でも珍しく選択しがいろいろあって迷っていると、こちらのトーストは4枚切り厚と店員さんが教えてくれた。サラダは食べたい、たまごは要らない、4枚切り厚2枚はちょっと多い...ということでサラダランチにすることにした。ちょうどヨガの練習の後で、身体がフレッシュサラダをたくさん求めている感じもあって(ま、わたしはたいてい求めてるんだけど)。サラダの種類は3つあってこれまた迷うところだけれど、肉類の入っていないかぼちゃサラダ(メニューは誤記らしい)のセットを、バター別/よく焼き/ドレッシング別で発注。

コーヒーシュガーの容器の蓋を丁寧に開けて、テーブルにちゃんとカトラリーを準備してから、コーヒーがまず提供された。作りおきだが回転がいいため煮詰まっていない、といった感じのコーヒー。カップも特にこだわっていないし500円の価値は感じられないけれど、お店の雰囲気のわりに酸味がたっていなくてバランスの良いコーヒーだった。添えられたコーヒークリームもコーヒーフレッシュではなかった。

写真だとけっこうコゲコゲだけれど、実際はそこまででもなくていい感じに「よく焼き」なトースト。ちゃんと選ばれた角食の4枚切り厚で、提供直後のクラムは熱くて触れないほど。これぞ喫茶店トースト。小さい容器のバターには「当店ではバターナイフの用意がないので、すみませんがこちらで」とアイスクリーム用の平べったいスプーンを添えてくれた。

メニュー通りの構成のサラダは、野菜たちがちゃんとフレッシュ。1スクープ分のかぼちゃサラダも、かぼちゃ自体がゴロゴロしていて粗つぶし感と適度なクリーミーさ、油脂感もある。もちろんトースト一切れにポケットサンドとして収まる量でもなく、サイドメニュー500円として充分成立する充実のサラダだった。

モーニングとしての値段はやや張るけれど、とにかくフード類が値段のわりに非常に美味しい。メニューもこの手のお店とは思えないサラダ推しで、大抵の場合少ない選択肢からのチョイスを余儀なくされるわたしに、珍しく迷う余地があったのも新鮮。わたしの抱いていたイメージやお店の雰囲気と、いい方向にずれていた。覚えておいて損はないお店だと思う。機会があればさくっとモーニング、お腹が空いている時にトーストセットやほかのサラダセットなども試してみたくなるし、スープのメニューもいいなあ。

フラミンゴ喫茶店 / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

昼総合点★★★★ 4.0