読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

コメダ珈琲@武蔵野台

9月某日訪問

コーヒー+モーニング(トースト、小倉あん)400円、ミニサラダ200円
アイスコーヒー+モーニング(トースト、ゆでたまご)400円、トースト薄切り380円

多磨霊園に墓参りの前、久しぶりにコメダ珈琲へ。コメダ珈琲のモーニングはトースト以外の一品を選べるのがうれしいね。
どんなオーダーがいいか相談した結果、家族1がアイスコーヒーと単品のトースト、家族2がオヤツにモーニングのトースト1人分(1/2枚)と小倉あんとゆでたまご、サラダからキュウリとトマトとポテトサラダ半分、わたしがコーヒーとモーニングのトースト1人分とサラダほとんど、というフォーメーションに決定した。毎度のことだが家族2は朝食を食べた後なんだけど、すごい食欲で頼もしい。でも標準より痩せ型なんだけど。で、わたしのトーストのみバター別/よく焼きで発注。
{30C23BD3-C3F7-44C3-9D2D-977FB0D93E4E}
コーヒーはマグで提供されるので量は多く、質は大したことない。でも回転は素晴らしく良いので煮詰まることも風味が飛ぶこともなく、ライトな飲みやすい味。コーヒーフレッシュが添えられていた。
モーニングのトースト2枚は、一緒に盛られて登場。コメダのパンってかなりイマイチだと改めて思う。最近のファミレスのパンが軒並み美味しくなってきているので、それらの後塵を排しているんじゃないか。イギリスパン的な山型のアッサリしたパンだけれど、粉の味は全然強くないので単に味わい薄めで存在感の乏しいトーストになっている。これで軽食のサンドイッチとかも作ってるってことだから、あんまり期待できないなぁ。添えられたのもマーガリン。
サラダはレタスとキャベツの千切りベースに、キュウリとトマトの薄切り、1スクープのポテトサラダが載っている。まあまあな感じ。
{6C411162-09BB-4F7A-A123-5D8447FB23AC}
単品のトーストにはマーガリンとイチゴジャムが添えてあった。イギリスパンとしては所謂6枚切り厚のものが二枚分。
コメダ珈琲は利便性や居心地まで加味して初めて存在価値があるよなあ、と改めて思う。内容的にはホントに値ごろ感スレスレな感じ。