ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

羅苧豆(ローズ)@日本橋

12月某日訪問
トーストセット(コーヒー、トースト、マカロニサラダ、ゆでたまご)500円
{D88245DF-0256-4A23-839E-59A2ADCC1DD1}
日本橋高島屋のすぐ裏にある、知らなきゃ絶対店名を読めない喫茶店。モーニングつながりのペコルミンさんに、彼女のお休みの平日わざわざお付き合いいただいて、10時半のモーニング終了ぎりぎりに訪問した。
{8630EDE2-17D7-441D-B924-DAE1E344F5E5}
店名の読み方、正解は「ローズ」。古くから日本橋で営まれていたが、数年前にビルの建て替えのために移転して、今の綺麗なお店になったそう。
{9536AA42-16A4-48AE-BBE1-A308F4085BB4}
ソファ席がトータル20席ほどであまり大きくない。でもこの規模の喫茶店には珍しく、先代と今(もしくは今と次の代?)のマスターがふたり。こちら側の壁には素朴なデッサン中心で絵画がいくつも飾られていて、反対側の壁にはテレビが掛かり民放が流れている。地元の商売人な先客が数名いて親しく話しているのも、古くからのお店にありがちな光景で和む。
モーニングセットは一択で、あとはコーヒーと紅茶は380円。セットをバター別で発注した。
{6E517814-67A9-4B87-9A16-8CC5CFA8AC01}
コーヒーカップまで含めて、すべてのものが木製のプレートにちんまりと収まって供された。コーヒーは、想像より酸味は立っていなくて、わりとオーソドックスにおいしいブレンド。小分けのピッチャーでコーヒークリームも提供。
{CB51756F-732F-48EA-9D90-A05509CEAF4E}
4枚切り厚の角食パン、サンワローランらしい。喫茶店でたまに遭遇する、おいしい角食パンの代表だ。よく焼きをオーダーしていなかったけれど、わりとしっかり焼かれていて、クラムはアツアツもっちり、クラストは焦げていそうで焦げていないぎりぎりなクリスプ感。とてもいい。マーガリンを小鉢に添え、小さめのナイフを付けてくれた。
{22860DD8-E966-4F76-ACBE-5B8E737A0E6D}
マカロニと、少量のコーン、キュウリで構成された自家製感アリアリなサラダ。和えてあるマヨネーズがクリーミーで、マカロニは死に体ではなくプリプリと活きが良くて、添えのマカロニサラダではなくちゃんとしたデリみたい。ポケットサンドにするだけでは惜しくて、そのままでも堪能。
{81B28D74-0A11-42A1-AE88-275E468CC8EB}
ゆでたまごは結局お昼のお弁当のお供になったのだけど、普通の固ゆでたまご。でも白身はプリプリして、やっぱり活きがいい。
すべてがおいしく、手抜きなく、綺麗にまとまっいてお手本のよう。モーニングセットがワンプレートに別盛りって、可愛らしくて大好き。しかも、詳細は省くけれど、初訪問のわたしたちにも多少の融通を利かせてくれる優しい対応。こんな質の高いモーニングに初めましてのペコルミンさんにと、とてもステキひと時だった。でも、あまり長く時間とれなくてごめんなさい…
家族経営だからこそこの価格と内容で続けられているのだろうが、それにしてもこの地でやっていくのは大変だろうと思う。ランチも人気があるようだし、これからも長く続くといいなあ。
{C7A97F13-EEA3-4E5E-92AF-13D05FE6CC48}
ペコルミンさんから、ピールが残ったマーマレードをいただいた。おいしそう、ありがとう!

羅苧豆喫茶店 / 日本橋駅茅場町駅三越前駅)昼総合点★★★★ 4.5