読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

栄@浅草橋

12月某日訪問

トーストセット(コーヒー、トースト、たまご)500円
{956C66BB-B240-4406-9BCF-430D7C9CB916}
鳥越神社からちょっとだけ南下したあたり、浅草橋と蔵前のちょうど中間くらいにある喫茶店。平日昼、10時半すぎにひとりで訪問した。「モーニングやってますか?」と聞いたら女性が「終わってます」と即答したけれど、奥から男性が「時間過ぎてるけど出せますよ、どうぞ」と迎えてくれた。
{A8234843-B8E6-4116-A059-930C1DF41153}
店内はすっきり片付いていて、テーブル席とカウンター席併せて30くらい。分煙はされていない。60代ご夫婦と思われる男女で営んでいて、客層はマスター夫婦と同世代の地元常連さん中心で、カウンターでは適度にプライベートに踏み込んだ話をしていた。
{258ACF8F-E745-4566-BEFA-D837D575FB19}
ふつうのコーヒーは350円なので、モーニングといってもちょっと安い程度。注文をちょっとだけ言い淀んだら、ママさんは即座に「時間過ぎてるんだから早く決めて!」...トーストのセットをバター別/よく焼きで発注した。「うちバターの入れ物なんてないので困るんだけどねぇ」と言われたけれど、トーストのお皿に乗せてくれるのでもいいですからと食い下がったら「探してみる」と。お手数かけてすみません。
{6311267B-80B5-4060-B7DE-29059F71E3EB}
落としたてではないが、酸味は立っていない、まずまずのコーヒー。銀の容器に小分けされたコーヒークリームも持ってきてくれて、「ほしいなら入れるけど?」と。「あとで使うかもしれませんので置いておいていただけますか?」と聞いたら「冷やしておきたいから無理」と却下された。結局あとでちょっと漬けパンにしたくてマスターに言って貸してもらった。もちろんすぐに返却しましたよ。
{5C1AB28D-0A6E-4EB5-9052-F783B5CAFDA0}
6枚切り厚の角食パン。表面はこんな感じだけれど裏面はこの半分くらいの焼き色で、パン自体も何のこだわりも感じられないものだったので、よく焼きをお願いしておいて本当に良かった。そしてバター別については、結局ミニサラダ鉢みたいなものにマーガリンを添えて出してくれた。
{51809CD9-80DF-438C-BA12-CF6C133624E2}
よく冷えたゆでたまごは、諸事情のため持ち帰った。大きめサイズで固ゆで寸前の、ジャストなゆで加減。黄身の色が単一ではないのがその証拠。
ゆでたまご以外に、内容も接客も褒めポイントが何もない、腹を満たすことができただけのモーニング。二度と行くことはないと思う。でも、敢えて言えばコーヒーは並だったので、精算時に気まぐれで「コーヒー美味しかったです、都度淹れているんですか?」と聞いたら「コーヒーを1杯ずつ淹れるのは難しいんだよ、ああいう濃さにはできないし、だから1杯ずつ淹れたりはしないの。こういう店だからそんなことできないよ」と自慢げ?に力説された。うーん、意味が分からない。
でもこのママさん、決して意地悪でも不親切でもなく、わたしの停めた自転車は「座ってていいから、動かしてくるから」と動かしてくれるし、食後に座席でちょっと仕事していたときにトーストのお皿を下げようとしたので「ゴメンナサイ、もう出ますので」と言ったら「じゃまだろうから下げるだけ、ごゆっくりどうぞ」と。自分のやり方には非常に頑なで、想定外の状況への耐性が低いだけみたい。接客業としてはけっこう重要な能力だと思うけれど、基本的に常連さん中心なら問題にならないだろうな。

喫茶店 / 浅草橋駅蔵前駅新御徒町駅)昼総合点★★☆☆☆ 2.5