ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

Fuji cafe@TX浅草

3月某日訪問
コーヒー 450円くらい、トースト 350円くらい(失念、すみません)

f:id:iwassy:20170324051038j:image

年末頃、言問通り合羽橋道具街の交差点そばのファミリーマートの向かい側、住所でいうと千束にひっそりとオープンしていたカフェ。でも新規カフェにまったく食指が動かないわたしは、「オシャレなカフェができたなあ」と思っていただけでした。

あるとき気が向いて思い切って扉を開けたら、出迎えてくれたのはなんと、リニューアルのため一旦閉店したかつての合羽橋珈琲の店長さん。オーナーが変わってあちらは「Kappabashi coffee」となり、合羽橋珈琲時代の店長だった彼が、跡地から徒歩数分のここにカフェをオープンしたんですって。オーナーではなかったのでいろいろあったみたいだけど、一顧客としては好きなお店がこうやって新たなスタートを切っていたことがうれしいね。

f:id:iwassy:20170324051103j:image

以前の合羽橋珈琲を彷彿とさせるリラックスしたオシャレ感で、音楽もスイートな洋楽。ここは以前、大家さんでもある酒屋さんだったんだって。だから間口が広くて入りやすいのか。

f:id:iwassy:20170324051124j:image珪藻土を自分たちで塗ったという内装。これ以上塗るつもりはないそうですよ。

本日のコーヒーがブレンドと同価格なのもかつてと同じで、この日のコーヒーはグアテマラでした。わたしの好みを覚えていてくれて「グアテマラだからこちらにしますよね?」って言ってくれたので、提案に従ってみました。

f:id:iwassy:20170324051200j:image

ストレートのグアテマラの味は昔と変わらないし、フレッシュじゃないちゃんとしたコーヒークリームなのも以前と同じ。あんまり他店で見たことのない真っ黒いコーヒーカップは、お店の雰囲気に合っていると思う。

でも、トーストのお皿はぜんぜんちがうセンスで、ここだけは残念。せめてシンプルな真っ白いお皿ならよかったのにね。でもまあそれはそれとして。

ちょうどトーストがお尻のところで、薄く端っこをカットしようとしていたので、付けておいてとお願いしたら、そのまま極厚で焼いてくれた。食べ応えがあっておいしい!コーヒークリームで漬けパンにもしちゃった。わたしが以前「四つ切り/よく焼き/ひと切れバター」でオーダーしていたのが、キチンと発注しなかったのに再現されていましたよ。

ちなみにこのトーストは「サンワローレン」の角食パン。今の「Kappabashi coffee」はちがうかもしれないけれど、以前の合羽橋珈琲はサンワローレンだったらしい。ペリカンのパンを使っていると言う人もいたけれど、わたしはちがうと常々思っていたんだよね。真相がつかめてスッキリ。

ちなみに以前の合羽橋珈琲と同じく8〜10時半のモーニングは500円なので、トーストが薄かったりするのかな。モーニングタイムから閉店の21時?までいつでもいただける調理したフードメニューも、なかなか手が込んでいておいしそう。オールタイムお酒も提供しているらしい。どの時間帯の何が当たるか試行錯誤中らしいけれど、どういう形であれ、繁盛して続いていくといいなと応援してます。

FUJI CAFEカフェ / 浅草)昼総合点★★★★ 4.0