ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

ルカフェ@新御徒町

5月某日訪問 コーヒー210円、トースト210円

iwassy.hatenablog.com

前回なかなかの塩対応だったルカフェ。でも、そんなことがあっても、そこにルカフェある限り、怖いもの見たさで再訪してしまうとは、我ながら物好きだと思う。

ちっちゃく写っているのが件のマスター。「こないだは忙しいところごめんなさい」とこちらから申し出たら「いえいえ、こっちこそすみませんでした」と、いつも雑な対応ばかりのマスターにしては丁寧なお詫びの言葉をいただいちゃいました。しかも「トーストありますよ、四つ切りでいいですか?」とまで。申し出どおり、四つ切り/半分マーガリンで発注。
そうしたらたまたま最後の1枚で端っこ部分を薄く落とそうとしていたので、すかさず阻止して「端っこが好きなので端っこのトーストをお願いします!」と今回もワガママ言ってしまいました。「え、この方向に切ればいい?ちがうの?こっち?え、どうしたらいいの?」と、わたしの要望がどうしても理解できずに、パンと包丁を縦にしたり横にしたりしてアワアワ。でも根気よく付き合ってくれました。要望の説明に悪戦苦闘すること2分間、「ああ、こんなに厚くしなくていいってことね」とやっとハラオチしたみたい。でも本当にわかってくれたかな?仕上がりが楽しみです。
まず先払いしたその場で出されたのは、安定のマシン抽出とは思えない、この日はただ苦味だけのコーヒー。ルカフェはそこそこ回転も良いのに、豆の管理の問題?コンディションの悪いドトールベローチェみたいな味でした。

で、しばらくして運ばれてきたのはこんなトースト。比較的おいしい業務用の端っこ、よく焼きで、4枚切り厚。思い描いたとおり、ルカフェでいただけるトーストとしては、わたし的最高峰でした。
いろいろ難点はあるにせよ、やっぱり捨てられない選択肢。サービスのブレや在庫切れもスリリングと楽しめる、時間の余裕のあるときに、また。