ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

珈琲館@葛西

6月某日訪問
珈琲館ブレンド420円、モーニング(トースト&スクランブル)160円

土曜の午前中に子どもとふたりで地下鉄博物館のあと、12時までモーニングをやっている珈琲館へ。
イージーリスニングミュージックが流れて、珈琲館らしくスッキリ片付いた店内。子どものリクエストでスクランブルエッグのセットを、珈琲館のトーストは耳カットがデフォなので、耳付き/バター別/よく焼き/ドレッシングなしで発注しました。トーストはんぶんことサラダがわたしの担当。

珈琲館のコーヒーはわりと温度が高めな気がする。

むーん、トーストの耳付きをお願いしたのに、やっぱり底面はカットされていたよ。トースト自体は甘めでクラムがしっとり。裏面は表の半分強くらいの焼き色でした。
サラダはレタスとコーンのみ。写真と比較すると種類が少なく彩りも地味だけど、レタスがパリッと仕上がっているのが救いです。

ケチャップの乗った、卵1個ぶんのスクランブルエッグ。子どもは最近やっと、スクランブルエッグの美味しさに気づいたみたい。あとはふつうのハムがひと切れ。どちらも美味しかったそうです。
マスター夫婦のみでやっている珈琲館って、わたしが行った中にはあまりなかった気がする。そういうお店ってとくに、彼らのキャラクターで店全体の雰囲気が決まると思う。前回も思ったけど、もっと和やかで人懐っこい感じの人柄だといいのに。なにがちがうって具体的に言えないけど、他店より暗いムードが漂っているのよね。