ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

カフェバッハ@南千住

6月某日訪問
バッハブレンド570円、トースト(ミックス)400円

平日の夕方、南千住のバッハをついに訪問。堅気ではないエリアなので、あやしい車や人が店頭にずっと立って周囲を伺っていて、ちょっと入りにくい。けれど店内はさすが有名店、駅から少し離れた不便な立地なのに、地元の人だけでなく観光客やビジネス客で賑わっています。
店内は撮影不可。カウンターが10席にテーブルが30席ほどのキャパで、コーヒー専門店って薄暗いイメージだけれど明るくスッキリした印象です。分煙で、BGMはバッハじゃなかったけどクラシック。 店員さんは全員揃いのグリーンのウェアでハキハキと応対し、応対もとても礼儀正しいです。オーダー復唱したりするあたり、(教育が行き届いた店舗の)珈琲館の接客みたい。禁煙でおひとりさまのわたしは、丁重にカウンターをご案内されました。
奥には大きな焙煎機があって、喫茶の後に豆を買って帰るお客さんが何人もいた。


コーヒーメニューはこの他にもバリエーションいろいろ。一方フードメニューはこれだけで、あとは焼き菓子とケーキが数種類あるのみ。コーヒー一本勝負!っていう感じだけど、実は「製パン部」があってパンやケーキ類も全部お店で作っているらしい。相当チカラ入っています。店名を冠したコーヒーと、トーストのミックスをひと切れは何も塗らずに、で発注。
カウンターの中で、とてもとても丁寧に淹れられた、バッハブレンド。口に含んだときは酸味が控えめで苦みが強めのふつうにおいしいコーヒー、でも次の瞬間に深みとコクが増して、奥行きのある味わいに変化していく。華やかさやクセがなく凛としたコーヒーは、お店の雰囲気と同じ印象。

4枚切り厚よりは薄いくらいの、やや厚切りくらいの山食パン。それほど大ぶりではありません。何も塗らない部分の、もっちりとしたクラムの食感はそれなりだけど、バターを塗った部分はバターの塩加減とジューシーさをクラムが絶妙に受け止めとても美味しい。当然バッハブレンドにもピッタリ合って、さすがに自家製で焼くだけのことはあります。
塩と胡椒も供されます。かわいいミルね。
コーヒーはとにかく美味しかったです。他店では味わえない次元だと思う。価格以上の価値を感じました。一方トーストは美味しかったけれど、突き抜けてはいなかった。そのわりにちょっと強気すぎ…パンではなくコーヒーのお供のスイーツだと思えばいいのかな。

バッハコーヒー専門店 / 南千住駅三ノ輪駅三ノ輪橋駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.5