ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

カフェ・レクセル@有楽町

8月某日訪問
トーストセット(コーヒー、トースト)450円
オプション(ピクルス100円、ヨーグルト100円)

週末に家族で有楽町のビックカメラに行く前、訪問しました。モーニングメニュー3種類の中から、いわし&シラスの魚ペアも家族1も、基本のトーストセット。魚ペアはオプション2種類全付けで、トーストをはんぶんこ、ピクルスはいわしでヨーグルトはシラスで即決。パンの種類は、コンディメントの蜂蜜を考慮して、今回も全粒粉のパンです。

コーヒーは最後に登場。マグサイズに近いほどにたっぷりです。 ホットコーヒーには、その日の銘柄を添えてくれます。確かにふくよかで甘みのある、飲みやすい濃度と焙煎の深さだと思った。
トーストはかなり重めで、はんぶんこでちょうどいいくらい。バターも蜂蜜も上質で、バリエーションとしておいしくいただきました。蜂蜜を合わせるなら、金目米を使った白い角食パンより褐色でざらついた全粒粉のほうが断然合うと思うのでついそっちにしちゃってるんだが、比較検討しないのは良くないね。
よく焼きをお願いしたけど、やっぱり表と比較すると、裏白。なかなか思いどおりにはならない。
ピクルスって甘ったるいのもあるけれど、これは酸味も甘味も控えめでサッパリ。キュウリではなくズッキーニっていうあたり、季節を感じます。

ヨーグルトはふつうのプレーンヨーグルト。蜂蜜を少し入れて食べてた。
モーニング単体で450円なのも、オプションが一品100円なのも、内容から考えるとコストパフォーマンス高いです。喫茶店モーニングのユルさや店主さんたちとの語らい(自分も他人も)は望めないけれど、そこを気にしなければ、イチオシ。

今日もいわしは扉をひらく、そこに喫茶店があるかぎり。