ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

ルカフェ@新御徒町

8月某日訪問
コーヒー210円、バタートースト210円

マスターが3週間も入院することになってしまって、代打で年配の女性がお店に出ていました。オーダーはいつもと同じ、半分マーガリンなし/4つ切り/よく焼き。ママさんとマスター、どこかちがいがあるかな?
お店の中は全く変わらず。余計なものが全く置かれていないスッキリとした店内に、BGMはスピッツイージーリスニング
たまたまタイミングよく落としたばかりのコーヒーだったので、煮詰まった感じはなかったけれど、豊かなコクとか香りとかが味わえるところまでは届かず。酸味が強いことは好みの問題として不問としても、最高の状態でこの程度、という感じはしちゃったな。

トーストはマスター謹製と特に変わりなかったです。クラムがもっちりとした4枚切り厚より分厚い角食パンを、強めに焼いて半分マーガリンを塗り、ポーションのイチゴジャムを添えて。おいしいね。裏もそれなりに焼けてたし。
全体としては、マスターの仕事よりすこし丁寧で気が利いていました。帰りがけにママさんに聞いたら、マスターは膝の手術のために入院して、跡数日で退院するらしい。すぐお店に復帰するつもりみたいなのよ、ということなので、慌てずに、でも無事に復帰してほしいとお話ししました。ついでに「パンおいしいですよね、サンワローランですよね?」と言ったら袋を確認して、うんサンワローラン、おいしいね、また来てね、と。初対面なのにすっかり意気投合しましたよ。

今日もいわしは扉をひらく、そこに喫茶店があるかぎり。