ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

いーぐる@東十条

9月某日訪問
ブレンドコーヒー216円、バタートースト237円

土曜にひとりで外出する機会があり、午前中に1時間ほど空白の時間ができた。しかもまだなにも食べていない…そうだ「いーぐる」に行こう!と閃きました。実に9ヶ月ぶりの訪問だ。四つ切り/ひと切れのみバターで発注しました。

苦味の強く出た自家焙煎のブレンドコーヒー。ストレートも豆では多種販売していて、淹れかたも豆も上質なのがわかります。さすが、こんな小さくて、しかも夕方からはママさんが居酒屋やっているお店で、間仕切りもなく焙煎機を置いているだけある。
他店では絶対にいただけない、似ているお店すらない、唯一無二のトースト。リーンでフカフカ、しっとりなクラムにカリカリのクラストは、フランスパンの生地をそのまま食パンにした感じです。甘みはそんなに出していないと思うのに自然な甘みが強いのは、小麦のうまみなんだろう。
こんなトーストを、とくに自慢せずウリにもせず淡々と出し続けているお店があるなんて。インスタ映えするようにカトラリーを変えて、恵比寿かなんかで値段倍にして出してちょっと販促したら、たくさんお客さんがつくと思う。そんなことしても、マスターもママさんも今のお客さんも、だーれも喜ばないんだけど。こんなお店を知れて、ほんと良かった。

今日もいわしは扉をひらく、そこに喫茶店があるかぎり。