ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

ハースブラウン@牛久

11月某日訪問
トーストセット(コーヒー、トースト、サラダ)361円

牛久大仏に行くことになって、牛久駅周辺で恐らく唯一の洋食モーニングを提供しているお店。駅の改札口を出た目の前にあるベーカリーに併設された、20席くらいのこじんまりしたイートインスペースです。
モーニングメニューは特にない代わりに、開店から閉店までずっとセットメニューが、全部で10種類近くある。惣菜パンやチョコクロなどのパン、サンドイッチ、トーストやクロックマダムなどとサラダ。それにドリンクが付いてほとんどが361円也。いわし&シラスのさかなペアは、良く焼き/ドレッシングなしで、トーストひと切れとパック牛乳125円がシラスのぶんです。ちなみにカウンターで前会計。

コーヒーはマシンで淹れた飲みやすいブレンド。マグでたっぷりなのが朝にはうれしいね。フレッシュやシュガーはカウンターで自己申告制。

トーストは4枚切り厚でモチっとした感じ(させた感じ)。あとでベーカリーを覗いたら、この角食の正体は、1斤190円の「いちばん人気」みたい。「超熟」クラスか、もうちょい上かな、くらい。良く焼きってお願いしたのに最初はほとんど焦げ目すらなくて、カウンターで2回「もっと焼いてください」って追加してもらって、3度目に諦めたのがこの焼きかげんでした。まあこれならポケットサンドにもなるし。お供はホイップバターと、イチゴ・ブルーベリー・オレンジマーマレードの3種類から選べるジャム。
値段から想像するよりも量があって、賑やかなサラダ。たまごの茹で加減も、白身がプリッと仕上がっていて模範的でした。
すべての面で、そんなにすばらしいところはないけれど悪くはない。それで400円を切っていると思うと、とっても良心的よね。こういうお店が一軒あると、抑えとして完璧だと思います。でも牛久駅周辺には、このほかの選択肢がひとつもないんだが。

ハースブラウンパン / 牛久駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

今日もいわしは扉をひらく、そこに喫茶店があるかぎり。