ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

ケント@入谷

2月某日訪問
コーヒー400円、ハーフトースト 200円
平日の夕方、めずらしく子どもとケントでおやつ。再訪しときたかったケントに改めてきてみました。

奥にテレビがあり、その下の席にした。入口方向。

喫茶っぽいメニューはこのページ。トースト1枚での提供が可能か尋ねたら「6枚切りが2枚ですが、1枚でも出せますよ」とニコニコしながら快諾されたので、それで発注しました。さらに、子どもとの約束でアイスクリームも。
小鍋がジューっと沸く音が聞こえて、コーヒーがやってきました。煮詰まってはいないが、風味は乏しい。

銀のプレートがステキです。でもこの角食パン、明らかに廉価品ですね。しかもこのスライス1枚に200円って、喫茶店のフードとはそういう位置づけだとわかっているけど、やっぱり残念な気持ちになっちゃう。

銀皿がレトロでときめくアイスも然り。レディボーデン的バニラアイスをワンスクープでした。子どもが喜んでくれたので、まあいいや。
マスターは終始感じが良くて、近くに引っ越したことを告げると10時までやってるからまたいつでも!みたいに言ってくれた。でもいわしの物差しで測ると、ごく近くにある「イワムラ珈琲店」よりすべての点で下回っているので、いったいどんな場面で利用すりゃいいのって思います。

今日もいわしは扉をひらく、そこに喫茶店があるかぎり。