ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

ジョイフル @つくば

11月の朝ごはん
モーニングオムレツ(ドリンクバー、パン、サラダ、オムレツ)495円

こどもの通う小学校の創立記念日に合わせて、つくばに行ってきた。通り道に、東京では見たことないけれど茨城に多いのは知っている、ジョイフルを発見。突撃してみた。
お店の雰囲気やつくりは、ありふれたファミレス仕様。店員さんの感じとか、客層とかも。ただしメニューはかなり絞り込まれていて、恐らく厨房設備は大手ファミレスより小規模だったり貧弱だったりするのだと思う。初期の頃、まだ「すかいらーく」が健在だった頃のガストみたいな感じ。

モーニングメニューもかなり種類は少ない。そして「時間帯を問わず」注文できるって、もはやモーニングではないね。肉類が少ないメニューってことで、オムレツにしました。サラダはドレなし、パンはよく焼きで…と言ったら「温かくして出してますが、焼いてはいないんてす」って。電子レンジなのかな。

ドリンクはホットもアイスも種類少なめ、とくにソフトドリンクはチープ。コーヒーも、大手ファミレスより味が少し劣る。ただ、梅昆布茶があったのはスープ代わりに感じられてよかったな。じつはスープバーも100円くらいでつけられたのだけど、よくカップ販売で粉のコーンスープの元やブイヨンスープの元に熱湯を入れて出すのがあるけれど、ああいうスープマシンの利用権だったので、付けなくてよかったかな。
ワンプレートに、やや甘みのあるシンプルな食事パン、オムレツ、レタスメインのサラダとベーコン1切れ、トマトケチャップとホイップバターまでが一堂に会していました。オムレツは黄身と白身が不均一に混ざってゆるく焼いてあって、整形も歪を食べると優しくてたまご感強めの味。明らかに厨房で今焼きましたってわかる、とっても素朴なオムレツで、これにしてよかったと思った。

当然こうなる。

小1男児は、珍しく主食にごはんをチョイス。

中年男子は目玉焼き。
ドリンクはイマイチだけどフリーだし、フード類にはじつはあまり期待していなかったのだけど、意外にもきちんと現場で作られた部分もあり、ホイップバターだし、けっこう頑張っていると思います。地方で独自に発展する飲食店、さすがです。

ちなみに、行き先は筑波山でした。ケーブルカーやロープウェイには乗らず、4時間かけて全部歩いた。