枯れ喫茶で朝ごはん

都内中心に、喫茶店やカフェの朝ごはんやトーストあれこれ

サンドイッチハウス アッシュ@三田

サバスモークサンド(ハーフ)415円、ジャンドゥーヤバナナ194円、コーヒー320円

午後から田町で仕事があって、近辺でめぼしいランチ場所を探してヒットしたのがこちら。慶大正門のすぐそばにあって、こじんまりしたイートインもテイクアウトも可能なサンドイッチやさんだ。

サイトもこざっぱりしてるけど外観もこざっぱり。店内もオシャレすぎないけどすっきり心地よく、イートインカウンターが5席ほどに二人掛けのテーブルが数卓で、席の座り心地も悪くない。

サンドイッチの種類はものすごく多くて、しかもとても凝ったものばかり。

さらにイートイン限定のプレートもあって、選択肢が多すぎてものすごく迷ってしまう。ただし、サンドイッチにはハーフサイズもたくさん用意されているのだけど、ハーフひとつという買い方はできないんだって。5分くらい迷ったあげく、ハーフのサバスモークにして、持ち帰りでデザート的なバナナのオープンサンドを選んでみた。

ソーサーにデミタスコーヒーが入りそうなくぼみがある、見たこともないとってもおしゃれな器で提供された。ポットから注がれたけど、うまく落とされたものらしくなかなか美味しい。

ラップに包まれていたサンドイッチは半分にカットされ、食べやすいようにペーパーに巻き直されてました。さらにポテトが添えられて。

肉厚のサバスモークに控えめなマヨネーズ、レタスとトマト。野菜はパリッと整えられて挟まっていて、とてもフレッシュ。一方で脂の乗ったスモークサバとマヨネーズが食べ応え感あり。強めの塩気なのもあって、ハーフでもそれなりに満足感あります、というかこれ2個だと老女には多すぎですね。

さらにポテトもあるし。皮付きであつあつで、とても美味しかった。

バナナは持ち帰る予定と事前に伝えたら、包んでくれました。

あとでおやつに食べた。サバサンドと違ってデニッシュ系のリッチな小ぶり食パンに、バナナの甘み、チョコの苦み、ジャンドゥーヤのナッティな風味で、ちょっとフレンチトーストっぽい感じがした。計算された組み合わせなのだと思う。
お店の雰囲気やホスピタリティ、提供されるものたち、いずれもとてもすばらしい。まったく高くは感じません。とても良心的なお店。とても意外だったのは、こんな雰囲気のお店なのに、わたしより明らかに年上の、年配男性のワンオペだったこと。たぶん個人経営店で店主なのだと思うけれど、すごくセンス良いおじさまですね。

ブロンクス@神楽坂

2020/1再掲 Bセット(コーヒー、トースト、サラダ、ゆでたまご)500円
かれこれ10年近く毎週1回は欠かさず訪問してきた。なじみの喫茶店をもつ愉しみを教えてくれたお店でもある。週末のモーニングだけでなく、平日のランチタイム(より遅い時間のことも多いけど)にもわたしの利用範囲が広がって、バータイムのスタッフさんも顔見知りになったし、顔なじみの常連さんもさらに増えた。
必ず遭遇する恐ろしく物忘れが激しいおじいさんは、実は飲食店のマスター。職業柄ボケていられるわけはなく、あれはわざとだろうと噂している。競馬と麻雀好きのおばちゃんも近隣の飲食店の人みたいで、ミヤシタさんと悪態寸前のやりとりをしてるけど、わたしには人生の機微を教えてくれる。ご主人の足が悪い老夫婦は、とても物腰柔らかだけど嫌煙家を超敬遠してておもしろい。同世代でIT業界のフリーランスの男性とは、時々仕事っぽい話もする。元新聞記者のおじさんは、あゆみちゃんの子どもたちがお店に来ていると、宿題を見てあげたりする。「先生」と呼ばれる社交ダンスの先生ご夫妻は当然とても姿勢がよく、実はスポーツ全般好き。
もちろんかつてからお話ししていたちよさんご夫妻、猫保護に奔走するお姉さんなんかも変わらずいる。築地の板さんは、片足が義足になったけど相変わらず口が悪くてタブレットをずっと弄ってる。
りえちゃんは体調の事情があってしばらくお休みになったけど、その分あゆみちゃんがカフェタイムのシフトに週5-6ペースで入って働きまくってる。サイトウさんと、ミヤさんことミヤシタさんは変わらず。彼らも60代後半になったけど、がんばってる。
という感じで、この日ミヤシタさんが作ってくれたBセットは、端っこトーストが山盛り。
サラダもたっぷり。

ものすごく憎まれ口叩きながら、客のわがままをできるだけ受け止めてくれるブロンクスのみなさんと、いろいろ示唆に富んだ意見をくださる常連さんの一体感で、わたしにとって唯一無二のお店なのだ。暇さえあれば電車に乗って、もしくは自転車を飛ばして、もしくは回り道して、馳せ参じてしまうのだ。

シャルマン@御徒町

コーヒー430円、たまごトースト480円→430円

ずっと行きたかったけれど、モーニングタイムに行く機会がなくて訪問叶わなかったお店。遅い昼ごはんに、ランチタイムにも間に合わなかったけれどついに潜入したよ。

このファサードで既に心躍る。

この木のエントランスにも。

予想以上に広々として、いろんな形のランプが煌めき、造花があちこちに飾られ、店内に段差がある。ツボだらけです。当然ながらオール喫煙OKで、客層は見事に全員仕事中と見受けられる男性で、全員タバコをくゆらせながらパソコン開いてパタパタしてた。とても愛想良くてきぱき接客するのは、ふたりの年配女性。

わたしが座ったテーブルの壁にも、こんなゴージャスでチープな(笑)装飾が。

メニューは店内も店頭も同じもの。ドリンクもフードも絞り込まれたメニューだ。モーニングやランチは少しお安い。

小鍋で温めていたコーヒー。でもわたしがこのお店に望む味はこれなのだ。実家と同じようなシュガーポットに、一杯分のピッチャーのフレッシュも、とても雰囲気。

オムレツではなく、厚焼きたまごでも薄焼きたまごでもないたまごが挟まるトースト。甘みもだし感もない、ほんのり塩味程度の焼きたまごはとてもユニークで、とても優しい。

分解図。片面だけに多すぎない程度にマーガリンが塗られ、その他にマヨネーズなどは使われていないのがとても良い。そしてたまごには薄く辛子が塗られているようで、食べてみるとほんのりピリッと味が引き立つ。過去に同じようなサンドイッチを食べた経験はないけれど、いかにも家庭的、実家の母に会いたくなるような、身に染みる美味しい焼きサンドでした。

入口のレジ横には、昭和からずっとそこにあるに違いない調度品がいっぱい飾られていて、このスキだらけな感じもおばあちゃんちみたい。

このレジ初めてみた!すごい!と感動していると、今日のパンちょっと薄かったの、ごめんなさいね。50円おまけさせてね、と値引きしてくれた。
値引きしてくれたこととは全く無関係に、とってもとっても優しい気持ちになれるお店でした。絶対また行く。

Sensing Touch of Earth@TX浅草

エスプレッソ450円、ブレッドプレート(セット割引)650円

合羽橋道具街には、実は飲食店がほとんどない。合羽橋コーヒーと生涯学習センターにバーミヤンがあるくらいだったけれど、数年前にオープンしたのがこちら。とうしてもあ名前が覚えられないや。

かなり奥行きがあって、空間を贅沢に使ったつくり。先客は見事なまでにインバウンドなお客さんばかり、でもこのあとドメスティックなひとも入店してきた。

2階はレンタルスペース。アートギャラリーみたいな、むちゃくちゃオシャレなスペースだった。

注文はカウンターで前金制。モーニングはないけどフランスパンと野菜のセットがあり、ほかに焼き菓子系がカウンターに並んでた。ドリンクもいろいろと。
エスプレッソは、普通に美味しい。おしゃれなカップで提供された。 ブレッドプレートのパンは1.5cm厚くらいでパリジャンくらいの大きさのライ麦パン2枚。軽く温めて供された。パン自体は美味しいけれど、ライ麦は酸味が強いのでそれだけをモリモリ食べるのは、さすがのわたしもちょっと難しいかなー。
そこに添えられていたのは、塩入りのオリーブオイルとクリームチーズ。でも、ほのかに温かい程度のパンには、冷蔵庫から出てきたばかりのクリチは塗りにくいし、オリーブオイルはかなり塩っぱく、楽しむのに苦戦。少し時間が経ってからクリチを塗ったら、まずまずよござんしたよ。

ブレブレになってしまったけど、レタス主体のやや萎びたサラダが少量。ナッツが載っていたので、クリチといっしょにパンに乗せたら幸せになれた。
それぞれ悪くはないけど、細部に魂が宿っていない、ちぐはぐな印象。ふつうのコーヒーだと1300円近くになるので、かなり強気だと思います。雰囲気代なのかなぁ。

camera@蔵前

チーズトーストプレート700円、アメリカーノ200円(税別)

蔵前周辺に次々とお洒落カフェができてきている、そのわりと初期にできたお店のひとつ。

店先にメニューの立て看板が置かれている。以前から覗いていてサンドイッチのセットもいいなあと思っていたのだけど、たまたま売り切れていたので、一択。チーズトーストで半分はバター別添えに変更してもらった。もちろんドレッシングもなしで発注。

すっきりした店内で、広いカウンターとテーブル席合わせて20席くらい。前金なのだけど、レジ横には焼き菓子が売られていて、季節柄なのかキャロットケーキもあったりして、いいセンついてる。壁にかかった写真はたいへんお洒落だし、感じ良い革製品の物販もしてます。いろいろステキ。お客さんはオール20〜30代女性で、わたしがいちばん年増だった。

ミルクと砂糖を使うか聞かれたので、ミルクだけお願いしたら、ほんとに生乳だった。相手がすっきりアメリカーノだから、クリームより生乳のほうがいいね。

もっちりとした小ぶりの角食に、数種類のチーズがかかり、強めによく焼かれてカラフルな胡椒がたっぷりとかかってます。このチーズに合うトーストだと思う。レタスとトマトだけのシンプルなサラダといっしょに食すとますます合う。さらに、大トロには刺身のつまがたくさん欲しいのと同様、レタスが3倍くらいあったらサイコーなのだけど。とにかく絶妙なチートーだったです。
このお店も、店内の椅子の座面が全部木製なので尻にとって長居しにくい環境。それだけが残念だ。オシャレ系なカフェには、ホントありがちだなあ。

フルーフ・デゥ・セゾン@末広町

2019/11再訪

f:id:iwassy:20191201140143j:plain

わたしの誕生日祝いとして、家族でランチに再訪。7年ぶりだったとはビックリです。前回0歳児だった子どもは7歳になり、わたしよりガッツリ食べる児童になった。

f:id:iwassy:20191201145227j:image

以前は1階だけだったけど、2階席ができ改装されてた。全体の席数は2.5倍くらいになったと思う。その甲斐あって、女性だけじゃなく男性だけのグループなどもいて、かなり雑多な客層に広がってました。クロワッサンサンドとフルーツ、ヨーグルトのセットを2つにパフェをふたつ。さらにクロワッサンサンドとコーヒーを単品でひとつ。これを3人でシェアすることにした。

f:id:iwassy:20191201212706j:image

冒頭のセットはフルーツヨーグルトで1300円くらい、こっちのセットはミニヨーグルトのちがいがあって1000円くらい。ほかにミニパフェのセットもあるけれど、パフェはフルサイズを食べたいので別途にした。

f:id:iwassy:20191201144534j:imagef:id:iwassy:20191201212620j:image

コールスローと和えられたツナサンドと、野菜たっぷりハムサンド。両方食べた中年男子によると、ツナサンドのほうが美味しかったそう。

f:id:iwassy:20191201144705j:image

豪華なフルーツヨーグルト。いろんなカットフルーツが入って楽しいけれど、だからこそヨーグルトは無糖であってほしかったなあ。残念。

f:id:iwassy:20191201144602j:image

フルーツも10種類近くが盛り合わさっていて、これまたとても楽しい一皿。フルーツ自体は決して最高級品ではないけれど、食べごろのものばかりでした。

  f:id:iwassy:20191201144752j:image

食後に供された、お待ちかねのパフェ。ひとつめは、食べごろの甘酸っぱいナガノパープルとシャインマスカットがてんこ盛りの、ブドウのパフェ、1500円。下にはブドウのシャーベットとヨーグルトアイス、細かくカットされたブドウが仕込まれている。

  f:id:iwassy:20191201144822j:image

もうひとつは梨。洋梨のパフェはたまにあるけど、滅多に会えない和梨のパフェで1200円。同じく梨シャーベットとヨーグルトアイスにカット梨、上にちょこんと載ったブドウがかわいい。どちらのパフェも甘味の少ない生クリームが絞られていて、シリアルでカサマシしてないし、とっても上品、良質でした。

単品のも入れるとトータル6000円くらい。でもこれだけたくさんの種類のフルーツを食べられて、数年ぶりに食べたパフェも上等なもので、大変堪能しました。子どもも大満足してた。ありがとう家族たち。   

   

2012/12訪問:モーニング(コーヒー、パン2種、フルーツ、ヨーグルト) 600円

東京ソトアサ日記」のyusaiさんとの朝食会第4弾は、彼女がご存知だったこちらに。ほとんど周囲にお店のない界隈にポツンとある、フルーツパーラーと喫茶店の中間のようなお店で、ゴテゴテしていないシンプルな内装。渡されたメニューにモーニングはなかったが、オーダー可能とのことだったのでもちろんそれに。

コーヒーはふつうのブレンドでふつうにおいしい。陶器のピッチャーにたっぷりのミルクが供されるのも、お店の姿勢としてすばらしいと思う。

そして、さすがにフルーツパフェがウリなだけあるフルーツ群は、バナナ、オレンジ、ピンクグレープフルーツ、メロン、リンゴ、パイナップル、キウイ、柿、巨峰と全9種類!どれも非常に美味だが、特に印象的だったのはバナナと巨峰かな。それぞれ美しく食べやすくカットしてあり、目でも舌でも楽しめるすばらしいフルーツプレートだ。さらに加糖のとろとろヨーグルト(小岩井ヨーグルトっぽいもの)がついてくる。

パンはバゲットとクロワッサン。バゲット天然酵母と思われる食感、クロワッサンはバターべったりじゃないのにサクサクで、どちらもとてもおいしい。リーンなパン好きとしてはどちらか選ぶならバゲットだけど、甲乙つけがたいおいしさ。甲乙つける必要はないけど。

値段はやや高いが価格以上の満足感のある秀逸モーニング。お店の人たちも赤ちゃん連れに臨機応変に対応してくれて、とても有り難かった。

フルーフ・デゥ・セゾンフルーツパーラー / 末広町駅秋葉原駅仲御徒町駅

昼総合点★★★★★ 5.0

ラ・グール@入谷

コーヒー430円

昭和通りから少しだけ入ったところに、かなり目立たない感じに存在しているカフェ。間口も狭いし。

そして中も狭く、細長い。カウンター数席と、テーブル席が十数席だけ。

テーブル席はすっきりアッサリしたもんだし、
カウンターもモノは多いのに片付いて、コーヒーのグッズが並んでいる。ありがちな「実家感」はほとんどない。

モーニングもあるのだけど、その時間にギリギリ間に合わずでコーヒーだけいただくことにしました。やおら豆を挽く音がして、丁寧にペーパードリップで淹れられたコーヒー、美味しかったです。ポーションフレッシュなのが残念だけど。
11時半からはパソコン禁止なんで、でもそれまではゆっくりどうぞ、って言われたのだけど、そういうのも含めて、きっちり管理の行き届いた年配マスターの、ちゃんとした喫茶店なのでした。