ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

ROYS@秋葉原

6月某日訪問 ブレンドコーヒーS 210円、バタートースト 160円

昭和通り沿い、秋葉原駅から北に数分のところにある気軽なカフェ。朝早くから営業しているし、何より便利な場所なので、どの時間帯もそれなりにお客さんが入っている。特にモーニングメニューはないので後回しにしていたけれど、ふと訪れてみました。

ちょっとだけアメリカの趣を感じる看板。よくよく思い出すと、ここ1年以内に色がきれいになったような気がする。

店内は小洒落たところのない、昔からあるタイプの日本のコーヒーショップです。カウンターには「タバスコは自分で持って行ってください」と注意書きが貼ってあったり。カウンターの中では、年配の男性と、だみ声が耳につくが言っていることは感じの悪くないおばちゃんが対応しています。

店内はガラスで区切られて分煙されています。禁煙エリアが30席くらいに喫煙も20席くらいあって、そこそこ大箱。かかっている曲はビーチボーイズだったので、やっぱり店主がそういう好みなのかも。

店頭の価格表。ドリンクもフードも、ドトール・プロント・ベローチェあたりと同じか、やや安いくらい。このプライシングは…これだけ回転がよければドリンクはそこそこだろうけれど、フードには期待できないかなと予測。期待値を下げつつ、ブレンドコーヒーと、いちばんシンプルなバタートーストよく焼きをカウンターで発注しました。

ドリンクはカウンターで渡され、フードは運んでくれます。酸味と苦味のバランスがとれていて香りもそれなりな、飲みやすいブレンド。コーヒーショップのマシンで供されるコーヒーの典型的な味です。

提供まで5分以上かかった。4枚切り厚の角食パン、厚切りトーストの部類です。パンそのものの味としてはスイートで、クリスプなクラストとソフトなクラムはきっちり押さえられていて、値段にしてはまずまず。ドトールトーストを、少し廉価にした感じ?でも添えられたのがマーガリンじゃなくホイップバターなのは、ドトールを上回ってます。
ドトールとかなり似ているけれどちょっと上、しかも価格はコーヒー+トーストで40円安い。しかも個人経営と思われるので、そりゃこっちを応援したくなります。それなりにいつも混み合っている理由がよくわかりました。

ROYSカフェ / 秋葉原駅末広町駅岩本町駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.5

珈琲シーボン@御徒町

6月某日訪問
トーストセット(コーヒー、トースト)680円

御徒町に古くからある喫茶店、シーボン。すごく前にモーニング食べに行ったきりだったけれど、夕方の仕事兼軽食に突撃してみました。物腰の柔らかいマスターと、少し無愛想なママさん、老夫婦ふたりでやっている。店内テレビはevery!がかかってました。

当然モーニングはやっていないけれど、セットサービスがある。トーストセットを、デフォルトがバター別なのでよく焼きで発注しました。
まずコーヒーフレッシュのピッチャー、そして次にコーヒーが先出し。酸味が立っていたりしないし、淹れてから時間も経っていなくてわりとおいしい。

角食4枚切り厚。パン自体の密度があまり高くない、かといって粉の味が強くザラついたタイプでもない、要はややフワフワとしたトーストです。わたし的には中の下、くらい。横にはマーガリンとジャムがたっぷり添えられていました。
表面はたしかによく焼きだったけれど、裏面はふつう焼き。シーボンに限らず、ときたまこういうお店ってある。トースターで少し長く焼けば両面同じくらいの焼き色になると思うのに、なぜこうなるのだろう?分からないです。
お店自体の志向はわたしの好みのラインにあるのだけど、以前同様、今回もどっかチグハグでなんとなく相性が合わないかんじ。あまり居心地が良くなかったです。しかもママさんはカウンターでタバコ吸っていた。以前も書いたけれど、お酒を出さないお店でお店の人が喫煙するのは接客態度としてナシだと思います。

珈琲 シーボン喫茶店 / 仲御徒町駅御徒町駅上野御徒町駅) 昼総合点★★☆☆☆ 2.5

ライブコーヒー@秋葉原

6月某日訪問 ブレンドコーヒー220円、トースト150円
おいしいコーヒーを飲んでちょっとだけなにか食べたくて、でも時間は20分しかなくて、という状況に相応しいのは、ライブコーヒーですね。しかもお店的にも閉店間際。バター半分/よく焼きで発注。
ライブコーヒーのコーヒーはかなり濃くて苦味があります。好きなタイプ。前回同様、カップのサイズに見合わないほどたっぷり。

コンディメントバーはこんな感じ。もちろんきび砂糖をシュガバタに利用しました。
まぁこんなもんかなという角食パンの、薄いトースト。これで150円はちょっと割高な感じです。
ホントにさっとコーヒー1杯飲んでちょっと何かつまむだけ、と割り切っていれば、悪くない。事務的な応対の店長さん(前回もそうだけど経理の帳簿付けていたので、たぶん)も、帰り際に閉店間際まで粘ったことをお詫びしたら、とてもにこやかな受け答えでした。
BGMは東京FMなのだけど、そのセレクトがよけいに忙しない気持ちにさせるので、そこだけはなんとかしていただきたいですが。

イワムラ珈琲店@稲荷町

6月某日訪問
ブレンドコーヒー450円、バタートースト150円

この日の仕事兼軽食は、久しぶりにイワムラ珈琲店。意外にも入店時から退店&閉店の18時までずっとノーゲストでした。

スッキリ片付いていて、クラシックが流れていて、場末感や脱力感はない。ブレンドコーヒーとバタートーストを、バター半分だけ塗ってくださいと発注したら、「イギリスパンを4等ぶんしてますが、ふた切れバターでいいですか?あと、実はマーガリン使っているんですけど…それでもいいですか?」と、マスターが照れ臭そうにおっしゃるではないの。以前も同じ展開だったので、いつでも率直で正直な人柄なんですね。

豆も販売しているコーヒー専門店なので、当然コーヒーはおいしいです。けっこう温度は高め。ロータスのクッキーが添えられるのが、ちょっと嬉しくなる。
イギリスパンとわざわざ断るくらいなので、ザラッとした、ホントにイギリスパンっぽいパン。あまり他店で口にしたことのないタイプです。こういうのも好きだ。
最初はなんだか不愛想でそれまであまり良い印象のなかったマスターだったけど、ちょっとはにかんだような表情も可愛らしくて、いいね。また行こう。

ブロンクス@神楽坂

6/11訪問 Bセットたまごなし(コーヒー、トースト、サラダ)430円

いつものです。長居したので、コーヒーは都合2杯いただきました。「なに?また勉強?エライね〜」と、サイトウさんから小学生に対するみたいな質問。思い返すと、いちばん最初に長居したのは数年前の確定申告の時期で、初めて青色申告することになったけど何をどーしたらいいか皆目見当がつかなくてブロンクスで「勉強」していたんだった。その時にたぶん「勉強してるの。」と言ったことが、サイトウさんには印象深かったのでしょう。

トーストは1切れお持ち帰り。
サラダのトマト、やっぱり眩しいね。いい季節です。

ろあーる@大塚

6月某日訪問 トーストセット(コーヒー、トースト)682円

学習院女子高校での用事をすませた土曜日の午前中、子どもとふたり。大塚南口から新大塚方向にすぐ、急な階段を上った2階に地味にある喫茶店で、わたしの朝ごはんと子どものおやつタイムです。

印象的な広い窓にダークな色調のダイニングセットが10卓ほど並び、スッキリ片づいているんだけど、テレビでは地上波のNHK、BGMにはクラシックが同時に流れていて、音的にはごちゃごちゃ。年配のママさんがひとりで、常連っぽいご近所の年配女性と世間話していました。

モーニングはなく、ストレートコーヒーが充実していてフード類が少ない、いわゆるコーヒー専門店です。ちなみに、外税と書かれているけれど、税込のお値段。トーストセットを、ディップ類は塗らずに乗せてもらうかたちで発注しました。

先出しされたコーヒー。味的にサイフォンだと思う。とても上手く淹れてあります。ポーションフレッシュなのだけが残念。

二等分がキレイにセットされた4枚切り厚に、ちゃんとしたバターとジャムが乗って。子どもとひと切れずつにしました。トーストの耳なしは、こういうお店では基本のキなのかな。センスの違いだからもちろんアリなのだけど、パン自体はそこそこおいしいので、ぜひ耳も食べたかった。さらに、メニューにはないヤクルトも乗っていて、これは子どもへ。
常連のご愛顧だけで成り立つ古い喫茶店かと思いきや、値段なりのきっちり調ったトーストセットでした。でも、わたしたちが居るのに常連さんとタバコをくゆらす店主って、どうなんだろうか。お酒を出さないお店では、わたしはナシだと思います。もしくはわたしたちがお呼びじゃない、ということなら、それはそれで。

ろあーるコーヒー専門店 / 大塚駅前駅大塚駅向原駅) 昼総合点★★☆☆☆ 2.5

珈琲大使館@秋葉原

6月某日訪問
大使館ブレンド480円、バタートースト100円

最近仕事兼軽食の機会が激増しているんだけど、そういう状況をムリにつくっている面も大きいです。でも、これがあることで仕事の励みになるんだからいいのだ。この日は、ちょっと気分を変えて珈琲大使館へ。

店内はジャズが流れていい雰囲気、でも仕事中のおじさん天国です。一応分煙で禁煙コーナーに座ったけれど、ぜんぜん仕切りもないし喫煙者も多いので、あまり意味をなしていなかった。

ミルクセーキがノスタルジックで泣かせるし、ACCジュースってすごく興味深い。でもわたしの発注はあくまでも、コーヒーとトーストです。いつもならストレートコーヒーにするところだけれど、モカだったためブレンド。トーストは念のため耳を落とすかあらかじめ確認したので、耳はしっかり救出。さらにバター半分のみ/よく焼きをお願いしました。

大使館ブレンド。すごく仰々しい名前だけど、店名を冠しているだけなのよね。きちんと淹れられたドリップコーヒーだから、しっかりとしたコクがある。1杯ぶんのフレッシュ付き。

フンワリ軽めな食感の山型パンで、右2切れがマーガリン付き。そんなに好きなタイプではないけれど、スカスカで味のない感じもないので、前回の印象よりは悪くなかった。飾り切りもキレイで、焼き加減も程よくクラストがカリカリに焼けていておいしかったです。

どう使うことを想定しているのか、やっぱりナゾだ。ここ以外で見たことないサービスです。