ときどき子連れ東京朝ごはん

喫茶店モーニングのパトロール活動記録

ドトール@稲荷町

4月の軽食
ブレンドコーヒー220円、トースト190円

雨混じりの夕方。自転車だったので、店頭に屋根のあるお店でサクッとトーストをと思い、こちらに。トーストはよく焼き/4つ切りで発注しました。

相変わらず、ドトールのコーヒーってとくに美味しくも不味くもない。まーまー。

たしかに両面よく焼きでって言ったけれど、ちょっと焼きすぎではないでしょうか。焼き足りないよりはマシだけど。パンの質自体は、すかいらーくグループのよりは美味しく感じています。

今日もいわしは扉をひらく、そこに喫茶店があるかぎり。

サボウアサイチ@稲荷町

4月の朝ごはん
トーストモーニング(アメリカーノ、トースト、ゆでたまご)500円×2
おにぎりモーニング(塩むすび、味噌汁、ゆでたまご)500円
稲荷町近くの浅草通りからちょっと北、古い酒屋さんを改装したお洒落なカフェです。家から行けるモーニング処のひとつなので、気軽に家族で週末の朝ごはんに利用。


オシャレな店内で、モダンジャズが静かに流れています。ランプが三角フラスコだ!懐かしい!と研究職の中年男が指摘してた。
入口の黒板にメニュー。モーニングは2種類で、完全和と完全洋の両極です。いわしはトーストをあんバターを、フィリング別添/よく焼きで。シラスはハニーバターを、中年男はおにぎりにして、まだカフェイン摂取には早いシラスのコーヒーをもらう作戦。

店内にはグランドメニューがあります。おにぎりの種類も多く地方の特産を使ったものだったり、おからや甘酒を使ったオヤツ類があったり、自家製と思われる変わった飲みものがあったりと、とてもおもしろいメニュー構成。いろんな使い方できそうですね。

ちゃんと豆を挽く音がしていた。それで淹れたエスプレッソを薄めたアメリカーノだから、エスプレッソの深い苦味が感じられて、なかなかおいしい。

こだわりあるおいしいコーヒーなのに、コーるヒーミルクはポーションのフレッシュ。イタリア系のコーヒー屋さんはどこでもそうなのだけど、ほんと謎だわ。

小ぶりな角食パンの厚切りトーストで、ペリカンの小さいほうのサイズ。でも近所の「シミズパン」の上食パンなのらしい。クラムがかなりしっとり・もっちりしていて、クラストはカリッとしていて、トースト自体がおいしいのだけど。

正真正銘のちゃんとしたバターと、たぶんお店で炊いたんじゃないかと思われる上品な粒あんが秀逸。特に粒あんは、甘味が非常に抑えてあって、ほとんど小豆を炊いたものって感じで粒も残りまくった、「あんこ」としてお目にかかったことがないくらいのもの。本当においしかった。

温かい殻を剥くとぷりぷりしたイキの良い白身、そして中から濃いオレンジのグラデが麗しい黄身。絶妙な茹で加減にウットリです。

シラスはハニーバターをペロリ。

野菜たっぷりの健康味噌汁に、大ぶりのおにぎりがひとつ。とても美味しかったらしいけれど、塩ひとつだから物足りないみたいで、いわしのトーストひと切れ進呈した。
どこにも手抜きのない朝ごはん。ボリューム感はやや少なめながら、ていねいな内容だからとても満足度は高かったです。平日のいわしのランチや軽食でも訪れてみたい、ステキなカフェでした。

サボウアサイチカフェ / 稲荷町駅田原町駅新御徒町駅
昼総合点★★★★ 4.0

今日もいわしは扉をひらく、そこに喫茶店があるかぎり。

コーヒー長谷川@新御徒町

4月の軽食
ブレンドコーヒー420円、バタートースト250円

ちよいと久しぶりに、コーヒー長谷川にお邪魔してきた。春の陽気のせいか、最近苦系統コーヒーが重たく感じるのだけど、この日の「本日のコーヒー」は深い焙煎のブラジルだったので見送って、ブレンドにしておきました。

濃すぎずいい塩梅のブレンドコーヒー。カップはミントンでした。

上側のふた切れがマーガリン付き。いつもよりクラムの密度が高く重たく感じたので、マスターに「今まで同じ食パン使ってる?」って聞いてみた。「こないだ端っこが好きって言ってたから、端っこにして、焦げすぎないように霧吹きで水かけて焼いたから、そう感じたんじゃない?でもちゃんと違うってわかるんだねぇ」と感心されちゃった。

たしかに端っこだ!

今日もいわしは扉をひらく、そこに喫茶店があるかぎり。

ブロンクス@神楽坂

4月の朝ごはん
Bセットたまごなし(コーヒー、トースト、サラダ)430円

3週間ぶりにリエちゃんのいる日曜日。史上稀に見る空きっぷりで、退席までの1時間ほとんどノーゲストだった。一見さんが1組入店しただけで、他には常連さんのおばあさんが、後でまた来るからって荷物置きに来たくらい。ブロンクスの常連さんは、このおばあさん含めて、お金を支払ったかどうか、なにを注文するか、いろんな管理を全部お店にお任せっていうひとが何人もいておもしろいです。たしかに自分以上に信頼できるかも。でもその一方で、この日わたしが注文時に500円玉出したら、お釣りに570円渡してくれた。実は気を抜くとウッカリさんなのでした。かわいい。

ミヤシタさんの極厚山食トーストは美味しいし大好きだけれど、リエちゃんの2種の端っこトーストも格別です。

今日もいわしは扉をひらく、そこに喫茶店があるかぎり。

リバーストン@田原町

4月の軽食
トーストセット(コーヒー、トースト)550円

4月になってから、時間的に行きにくくなってしまったお店のひとつ。この日は保護者会があり早めに時間が空いたので、久しぶりに訪問してみました。といっても高々半月ぶりなので、何も変わりない。ママさんに小学校の近況報告したくらいです。

このコーヒーは、350円にしてはかなりのハイクオリティだと思う。500円以上の値付けでも妥当。

安定の「そこそこ」クオリティのフジパントースト。コーヒーとトーストのどちらが質が上かというのも、コーヒーとトーストどちらが高いかというのも、お店によって千差判別ですね。同じような価格バランスでも、カフェ・ド・ペルシュはトーストが上だったり。

今日もいわしは扉をひらく、そこに喫茶店があるかぎり。

ベーカリー&カフェ ヤマザキ@田原町

4月の軽食
トーストセット(コーヒー、トースト、サラダ、ゆでたまご)350円

前回サラダがないのに同じ料金でちょっとしょんぼりだったけれど、1週間後に再訪。よく焼きで発注してみた。

コンビニ的な飲みやすいコーヒー。

ヤマザキとはいえ、ベーカリー設備のある店内で焼かれた角食パンだし厚切りだし、焼きかげんも上々だしで、満足感高いです。ただ、なぜかマーガリンがなかった。たぶん忘れてたんだね。

ハムとコーンの入ったコールスローサラダ。コンビ惣菜にあるようなやつです。でもポケットサンドのフィリングにするには、なかなかよい。

ゆでたまごは大玉。固茹でで、でも白身はぷりぷり。
このお店、コストパフォーマンスでいうならやっぱり最強です。

今日もいわしは扉をひらく、そこに喫茶店があるかぎり。

くにもと珈琲店@芝公園

4月の朝ごはん
ブレンドコーヒー 240円

往訪前の20分間の時間調整。慌ただしいモーニングよりはゆっくりコーヒー一杯をいただくほうが性に合ってます。
バリバリ関西弁のおっちゃんマスターが、常連サラリーマンたちと今シーズンの阪神の戦績を語らう傍で、この後の仕事に向けて心の準備を進めます。

ネーム入りのコーヒーカップがステキです。注文が入ってから淹れられたコーヒーじゃないのだけど、ヘタなドリップコーヒーよりずっと美味しい。芳醇です。浅草のアロマ珈琲とかも同じ。淹れ方がよく、回転がいいから時間もそんなに経たずに出されているのが勝因でしょう。
豆知識。ホットドッグのパンはごまパンで、関西のパン屋さんから週3回送ってもらっているらしいです。

今日もいわしは扉をひらく、そこに喫茶店があるかぎり。